くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

コレステロールをさげる、豆乳を使った手作り杏仁豆腐の作り方。ゼラチンと寒天の違いは?

杏仁豆腐って健康食だと思うんだ!(*‘ω‘ *)

本格的に作ろうと思えばもっと色々必要かもしれませんが、杏仁豆腐の基本的な材料は「牛乳、ゼラチン、砂糖」なので、変なもの入ってないし(入れなければ)かなり優秀な健康食だと思うのです!

 

今回は、より杏仁豆腐を健康的に作れないかな・・って考えてみました(*´ω`*)

牛乳を豆乳に変えて、砂糖を蜂蜜とてんさい糖に変えて作ってみました。

本当は、ゼラチンではなくて、寒天で作ったほうがカロリーが低くできるのですが、家にゼラチンが沢山あまっていたので、今回はゼラチンを使うことにしました。ダイエット目的でつくる場合は、寒天を使う事をおすすめします。

見に来て頂いて申し訳ないのですが、このレシピは、まだ試作品の段階なので「うん?(*‘ω‘ *)」って感じかもですが、健忘録がてら書いてみようと思います。

 

ちなみに、大豆の資質には、コレステロール値をさげる働きがあるリノール酸、それから、腸内でビフィズス菌の働きを助けるオリゴ糖が豊富に含まれています。

そして、てんさい糖の中にもオリゴ糖が含まれています。

材料と作り方。すごく簡単です!

f:id:bonyarikumasan:20190708114604j:plain

材料

  • 豆乳350ml
  • 蜂蜜 小匙2
  • アーモンドエッセンス 20滴
  • ゼラチン 5g
  • てんさい糖 大匙2
  • レモン汁 レモン半分
  • 水 2カップ
  • ゴールドキウイ 1つ

作り方

1、耐熱容器に50mlの水をいれてレンジで温めてお湯を作る。そこにゼラチンを入れて溶かす。

f:id:bonyarikumasan:20190708115619j:plain

2、ボウルに豆乳、蜂蜜、アーモンドエッセンスと溶かしたゼラチンを加えてよく混ぜる。注意!プルプルふるふる触感にしたくて350にしましたが、緩くなってしまったので、今度作る時は、250で試してみようと思います(*‘ω‘ *)

3、パットに入れて冷蔵庫で1時間冷やす。時間ない時は冷凍庫に入れると早いです。ただ、薄いため凍りやすいので気をつけること。(凍らせそうになった💦)

f:id:bonyarikumasan:20190708120038j:plain

4、冷やしている間に杏仁豆腐の汁を作ります。鍋に水、てんさい糖、レモン汁を入れて砂糖が溶けたら火を止めて冷ましておく。

f:id:bonyarikumasan:20190708120226j:plain

5、杏仁豆腐がかたまったら、冷蔵庫からとり出し、斜めに切り込みを入れてひし形に切る。

f:id:bonyarikumasan:20190708121143j:plain

6、大きめの容器に杏仁豆腐とキウイと汁を一緒にいれて冷蔵庫で冷やして完成!

f:id:bonyarikumasan:20190708121331j:plain

ゼラチンの箱には5gで200ml固められるって書いてあるけれど、それだと固くなりすぎてしまうので、350mlにしたけれど多すぎました。

もう少し杏仁豆腐に弾力があったら美味しいだろうなと思うので、今度は250mlで作ってみようと思います(*‘ω‘ *)b

それから、杏仁豆腐の甘味は今ぐらいがよいと感じたので、次回は、蜂蜜を小匙1と半分くらいにして、アーモンドエッセンスは13滴くらいにしてみようと思う。

 

1人分を作りたい人はコチラのレシピがおススメです。弾力も丁度よく出来ました。↓

暑い日にレンジで簡単調理!一人分、豆乳を使ったマグカップ杏仁豆腐の作り方!パート2 - くまさんの健康ひとりご飯

ところで、ゼラチンと寒天の違いって知っていますか?

私は今日まで知りませんでした(*‘ω‘ *)

 

ゼラチンの主成分は、牛や豚の皮、骨などからとったコラーゲンで出来ているそうです。凝固温度が15~20度くらいだから、口に入れると溶けるのが特徴です。

 

知ってたら、初めからもっと豆乳の量少なくして固めに作ったのに。。

出来上がった杏仁豆腐を食べた時の感想は、緩くて弾力ない&口の中で溶けてなくなるという感じでした。そんで、そん時に気づきました!

 

あ、溶けるってこういう事か!って。緩めに作った杏仁豆腐を温度のある口の中に入れたらそりゃそうなるよねって、その時、初めて気づきました!

 

言葉だけよりも、体感して深く気づくことができました。何事も勉強だなぁと思いました。

 

一方、寒天の主成分は、天草やオゴノリなどの海藻の粘液質を凍結・乾燥させた植物性の植物繊維で出来ているそうです。

 

そうなんです!こっちの方が体にいいんです!しかもカロリー低いんです!!(; ・`д・´)

 

ダイエット的には寒天の方がいいかもしれないけれど、ゼラチンは美肌の味方であるコラーゲンがとれるしな・・うーん、悩ましい。。(*´ω`*)

 

凝固温度は65度で一度固まると常温ではとけないそうです。

それぞれの良さがありますね。

まとめというか一言

ねえ、ゼラチンって賞味期限ないよね?ないよね?ないよね?

箱の裏を確認中・・・おっつ!!(´゚д゚`) 見なかったことにしました。。