くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

季節の変わり目、眠かったり眠れなかったり。バイオリズムが崩れた時に食べるものは?

夜眠れなくて昼間眠くてたまらない・・そんな日に私が食べるご飯。

今日は婦人科の通院の日でした。体がだるくてたまらないって伝えたら「夜は11時までにはお布団に入って眠りましょう。寝不足だよ」と言われました。

寝不足の自覚はなかったけれど、言われてみればそうかもしれないと思いました。

雨が続いて眠くてたまらなかった日に、少し横になるつもりが3時間も寝てしまった時がありました。その日から、上手く寝付けない日が少し続いていました。

そんなこんなで今日はバイオリズムが崩れた時の食事について考えてみました。

今日は、バイオリズムが乱れた時は、どんな栄養を摂ればいいのか調べてみました!

今から、私が勉強してきた時系列に沿って書いていこうと思うので、少し話が長くなると思います。なので、結論から先に書きます!

バイオリズムの乱れを治すサポートをしてくれる栄養素は、ビタミンB12です。

他に、自律神経からアプローチするために、自律神経を整えるサポートをしてくれる栄養素である、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE、必須アミノ酸、カルシウム、マグネシウム、マンガン、も一緒に摂ることにしました。

ビタミンB12は、自律神経を整えるサポートをしてくれる栄養素の中にも含まれているので、バイオリズムの乱れをサポートする栄養がとれる食事と限定して考えなくてもいいのかな、という結論に至りました。

そして、いま口角炎ができているので、ついでに口角炎をサポートしてくれる、ビタミンB2、ビタミンB6、も一緒に摂ることにしました。

結論はココまでです。下にスクロールして頂ければ、その為に作った食事もみれます(*´ω`*)

 

では、勉強したことを時系列に沿って書いていきます!

ただの勉強記録なので、飛ばしていただいても大丈夫です。

 

私が勉強したところによると、バイオリズムの乱れをサポートしてくれる栄養素は、ビタミンB12だということがわかりました

睡眠の問題なので自律神経からアプローチしてみてもいいかも、と考えて前に自律神経を整えるサポートをしてくれる栄養素について勉強したときの記事を読み返してみることにしました。

これがその時の記事です。↓ 自律神経を整えるサポートをしてくれる栄養素は、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、だということがわかりました。

アボカドのポテトサラダの作り方。低気圧、体調不良になりやすい理由と効果のある食べ物は? - くまさんの健康ひとりご飯

そんなわけで、↑この日は、それらの栄養素が含まれているマグロのお刺身などを食べて過ごしました(*´ω`*)

 

その後、もう少し掘り下げて勉強してみたら、自律神経を整えるサポートをしてくれる栄養素は、もっと沢山あることがわかりました。

ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE、必須アミノ酸、カルシウム、マグネシウム、マンガン、こんなに沢山の栄養素があることを知りました。

 

でも、そんなに沢山の食材を買っても食べ切れないし、大変だしなぁ・・と考えた結果、食材に含まれる栄養素がかぶる食材を選んで食べたらいんじゃないかな、という考えに至りました。

そして、下のレシピに辿り着きました。↓

https://www.bonyarikuma.work/entry/2019/07/02/203851

↑この日は、自律神経の乱れからくる胃腸不調が辛かったので、お粥を作りました。栄養素がかぶる食材を探した結果、「鮭、玉子、ほうれん草、枝豆」を使って作りました。

 

初めにも書きましたが、そんなこんなで、バイオリズムの乱れをサポートしてくれる栄養素は、自律神経を整えるサポートをしてくれる栄養素の中にも含まれているので、バイオリズムの乱れをサポートする栄養がとれる食事と限定して考えなくてもいいのかな、という結論に至りました。

そして、1年くらい前に初めて口角炎になって以来、ずっと治っては再発してを繰り返しています。そして、いま再発中です。。

そんなわけで、バイオリズムや自律神経を整えるサポートをしてくれる栄養の他にも、口角炎をサポートしてくれる栄養素についても勉強することにしました。その結果、口角炎は、ビタミンB2、ビタミンB6、の欠乏によりなる事が多いらしいぞ、ということがわかりました。特に、ビタミンB2が足りていないとよくないみたいです。

 

というわけで、ビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンB2などが含まれいて、栄養素がかぶる食材を使って、夕ご飯を作ったらいいかもしれない!という結論に至りました。

そんな私が今日作った夕ご飯は、焼きサンマ、アサリとキャベツとカリフラワーの酒蒸しでした。

ビタミンB12は、あさりさんま、などに多く含まれています。ビタミンB6は、さんまカリフラワー、などに含まれています。ビタミンB2は、うなぎ、さば、さんま、かれい、などに多く含まれています。

今回作った食事は、私が勉強した自律神経を整えるサポートをしてくれる栄養の全部がとれるわけではないけれど、バイオリズムの乱れをサポートしてくれる栄養と口角炎をサポートしてくれる栄養が摂れます。

ごま油が香ばしい焼き秋刀魚の作り方。

サンマを焼く前にちょろっと簡単な手間を加えるだけで、絶品焼きサンマに変身します。

材料

  • さんま 1匹
  • ☆酒 大匙1/2
  • ☆ごま油 大匙1/2
  • ☆醤油 大匙1と半分
  • ☆ショウガチューブ 1cm
  • ☆コショウ 少々

作り方

1、バットに☆を全部いれて混ぜます。サンマを上下返しながら20分くらいつけてからグリルで焼くだけです。

香ばしくて、すっごく美味しいんです(*´ω`*)

f:id:bonyarikumasan:20210601180447j:plain

アサリの酒蒸しは、カリフラワーとキャベツを入れたので、料理酒のほかに、塩コショウ、オリーブオイルで味付けして洋風にしてみました。

f:id:bonyarikumasan:20210601180510j:plain

f:id:bonyarikumasan:20210601180552j:plain

お土産で頂いたゼリー、美味しかったです(*´ω`*)

写真に全部おさまらなくて悪戦苦闘したあげく「あ!斜めにすればいいんだ!」って思いついた(๑¯ω¯๑)もっと早く気づけたら、きっと料理は冷めなかったはず・・(コソッ

 

私が作る、自律神経を整えるサポートをしてくれる栄養がある食材を組み合わせた食事の作り方は、コチラから見れます。↓

自律神経、健康維持 カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

まとめというか一言

お布団入って眠れなくてふっかーつ!!とかないように、今夜こそ11時に寝るぞ。眠れなくても横になって目をつぶってるだけでいいって先生が言ってくれたけれど、暇すぎて漫画とか読み出さないようにしなきゃ(>_<)