くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

眠気、だるさが気になる時。内面から体を整えるちらし寿司の作り方。

疲労回復、自律神経を整えるサポートをしてくれる栄養がある食材を組み合わせて作りました。

今日も暑いですね。ちょっと動いただけで汗がとまりません(;´Д`)

外では汗だく、屋内ではクーラーで冷え冷え、自律神経が大忙しの季節ですね。梅雨が明けて少しよくなっていた体のだるさや変な時間の眠気などが、また復活してきました(>_<)

そこで、疲労回復をサポートしてくれる栄養がある食べ物と自律神経を整えるのをサポートしてくれる栄養がある食べ物を組み合わせて、ちらし寿司を考えてみました!

材料の「大豆の梅ひじき煮」のレシピはコチラから見れます。↓

お弁当にも使える!食中毒対策!作り置きに便利な大豆の梅ひじき煮の作り方。 - くまさんの健康ひとりご飯

作り方は簡単!

材料

  • すし飯 150g
  • 温泉卵 1つ
  • 鮭 1切れ
  • 冷凍そら豆 適量
  • サラダほうれん草 適量
  • 大豆の梅ひじき煮 適量

作り方

鮭を焼いて、皮と骨をはずし、身をほぐしておきます。

f:id:bonyarikumasan:20210602123858j:plain

お皿に酢飯を盛って、その上に、大豆の梅ひじき煮、鮭のほぐし身、そら豆、サラダほうれん草をのせて、真ん中に温泉卵をのせて完成です!

f:id:bonyarikumasan:20210602123921j:plain

温泉卵、タイマーかけ忘れて( ゚д゚)ハッ!と気づいた時には、時すでに遅し・・ちょっと固くなっちゃいました💦でも、これはこれで美味しかった(*´ω`*) 

途中まで食べたら味変にマヨネーズかけても美味しいかもです♪暑いこの時季でも、梅の風味と酢飯の酸味でサッパリ美味しく食べられるちらし寿司です!

・・・ 食べ終わってから気づきました。そら豆、のせ忘れました。。

 

今回、使った食材は大まかに、玉子そら豆ほうれん草大豆ひじき梅干し、です。(そら豆は忘れたけど💦

どうしてこの食材を選んだかというと?

前に自律神経を整えるのをサポートしてくれる栄養素について勉強した時、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、が必要だという事がわかりました。これが↓その時の記事です。

アボカドのポテトサラダの作り方。低気圧、体調不良になりやすい理由と効果のある食べ物は? - くまさんの健康ひとりご飯

それから、その後にもっと勉強をすすめて「どうやら、その3つだけでは不十分らしいぞ」という事がわかりました。これが↓その時の記事です。

https://www.bonyarikuma.work/entry/2019/07/02/203851

 

貼った記事を読んでいただくのが一番伝わりやすいと思いますが、ぜんぶ読むの大変だと思うので、内容を簡単に説明させてください。

↓ ↓ ↓

はじめに勉強した時に自律神経を整えるサポートしてくれる栄養素は、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、らしいぞということを知ったのですが、

その後、勉強を続けて、その3つの栄養素の他にビタミンB1 ビタミンB2 葉酸 パントテン酸 ビタミンC ビタミンA ビタミンE 必須アミノ酸 カルシウム マグネシウム マンガン、が必要だということが判明しました!結構いろいろ必要だよね・・(*‘ω‘ *)

全部の栄養素をまんべんなく摂ろうとしたら、それだけ沢山の食材を用意しなくちゃいけないし、そんなに一人で食べ切れないし、食費もかけられないし、めんどくさいし・・と考えた私は、栄養素がかぶる食材を探して、効率よく栄養をとっちゃおう!って思ったんです。すぐ上に貼った2つの記事のなかでは、今書いたようなことを詳しく書いています。

 

今回も同じ要領で食材を選びました。

 

今までに私が作った、自律神経を整えるサポートをしてくれる栄養がある食材を組み合わせた食事の作り方は、コチラから見れます。↓

自律神経、健康維持 カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

 まとめというか一言

そら豆は、食後そのまま食べました。