くまさんの健康ひとりご飯

30半ば、去年病気がみつかり食に関心を持つようになり健康を気にし始めた女の食事記録です。自炊したことなかった人が毎日料理をしています。どうせなら体にいい物が食べたいと思い、栄養素や食について独学中です。

【スポンサーリンク】

風邪のひきはじめの食事。何もしたくない、ご飯作るのめんどくさい日に食べるレンジで簡単ズボラうどんの作り方。

スポンサーリンク

なーんにもしたくない日に食べる、レンジで簡単、洗い物少しだけのズボラうどんを作りました。

たまに何もしたくない、なんか動くのめんどくさい日ってないですか?

自分の今までを振り返って思うのだけど、何もしたくないくらい体がだるい日があると、かなりの高確率でその後風邪をひくことが多かったので、(たぶん、体にウイルスが侵入して「休んでください。今やっつけるんで無駄なエネルギー使わないように安静にしててください」というサインを出していたのだと思う)何もしたくない日はできるだけ何もしない日にしようと決めています。

でもそんな時でもお腹は空くんですよね。動きたくないくせに(動かないくせに)めちゃめちゃ食欲出てくる。(たぶん、体が「今からウイルス退治に行くんで力をください。沢山食べてください」って言っているのだと思う)なので、体が求めるままに食べたい物を(大体ジャンキーな物が食べたくなる)食べるようにしていたんだけれど、どうやらそれじゃあ良くないぞ、という事が年齢と失敗を重ねてわかってきました。ジャンキーなものからそうじゃないじゃないものに変えたら、少し治りが早くなったような気がします。ストレスと忙しさから毎週風邪をひいていた時期があったんで、まだ完全じゃなくて月1~2回熱を出すけれど、あの頃に比べたらほんとに良くなってきたなぁと感じています。

こういう時に食べるものは、体のエネルギーになる良質な栄養じゃないとダメなんですよね。じゃないと、そういう時はだいたい私の場合、胃腸機能も弱っていることが多いので後から胸焼けしたりお腹を下したりするんです。きっと私の体はさぞかしプンスカしながら「安静にしててって言ったでしょ!なに変なもの食べてるんですか!処理するのコッチなんですよ!ぶーぶーぶー( ˘•ω•˘ )」と言っていたに違いない。

 風邪のひき始めと治るまでのパターンについて書いています。↓ 

www.bonyarikuma.work

この時は、まだ分からずに風邪のひき始めにジャンキーなものを食べていました💦体さん、ごめんね。

そんなこんなで【もしも、体とおしゃべりできたら・・】というテーマで妄想しながらズボラうどんを作りました。

材料 一人分

・うどん 1玉

・白だし 大匙4~5くらい(豆腐や野菜がはいるので少し濃い目)

・水 300㏄

・絹豆腐 小さいの1つ

・白菜 1枚

・乾燥カットわかめ 適量

・舞茸 適量

・玉子 1個

作り方

白菜の芯の部分はかたくて熱が通りにくいので一口大の薄いそぎ切りにします。葉の部分はザクザクと一口大に切ります。舞茸は食べやすい大きさにさいておきます。絹豆腐も小さめのサイコロ形に切っておきます。

大きめのどんぶりを用意して、白だしと水を入れて、そこにほぐしたうどんを入れます。上に白菜(白菜は芯を下に柔らかい葉の部分は芯の上にかぶせるようにしてのせるとよいです)舞茸、絹豆腐、乾燥カットわかめ(わかめは汁に全部浸らせる)、玉子を割り入れます。レンジにかけた時に破裂しないように玉子の黄身を爪楊枝などで刺しておきます。

f:id:bonyarikumasan:20190921183244j:plain

ラップをして500wのレンジで4分加熱します。その後、取り出してラップをはずして500wのレンジで4分加熱してみてまだ具材に火が通ってなさそうだったら、様子をみながら追加でレンジにかけて完成です。

f:id:bonyarikumasan:20190921183338j:plain

お好みで七味をふりかけて召し上がれ(*´﹃`*) 

すごく美味しかったです!食べ終わる頃には汗がタラタラ。ぽっかぽかに体が温まりました(*´ω`*)

風邪を治すのに必要な栄養素は、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンC、タンパク質、です。白菜はビタミンが豊富な優秀食材なので、風邪のひき始めに食べるのに最高の食材だと思います。絹豆腐にビタミンB1が含まれているので、木綿豆腐の方が崩れにくいですが、今日はあえて絹豆腐で作りました。それから、玉子とワカメにもビタミンAが含まれています。

今夜はいつもよりも長めにお風呂につかって早めにお布団に入ろう。

 

まとめというか一言

明日は治っていますように。

 

 

 ↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】