くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。それまでの環境を変えて、婦人科に通院しながら、自力でなんとかできる事はないかと考えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食事改善だけのおかげではないけれど、ストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

ご飯で簡単!カルシウムがとれるおせんべいの作り方。

小腹が空いたので冷やご飯で骨や歯を強くするおせんべいを作ったお話です。

そうだ!おせんべいが食べたい!と思い立ってから20分くらいで香ばしい焼き立ておせんべいが出来ちゃいます。とっても簡単で美味しいです(*´ω`*)

けずり粉には骨や歯を強くする為に必要な栄養素である、カルシウム、リン、マグネシウム、ビタミンD、が含まれています。そんなけずり粉を使っておせんべいを作ってみました。

作り方は簡単です!

材料 直径6cmのおせんべい3枚くらい

  • ご飯 100g
  • けずり粉 小匙1
  • 青のり 小匙1
  • 白ごま 小匙1
  • 醤油 小匙1
  • ごま油 適量

作り方

冷やご飯をレンジで軽く温めます。熱々にしてしまうとこの後の作業がしにくくなるので、ほんのり温かいくらいの方がいいです。

温めたご飯をビニール袋に入れて、けずり粉、青のり、白ごま、醤油、を入れて袋越しにモミモミして混ぜ合わせます。この時、ご飯の粒を少し潰しておいた方が形状する時などに繋ぎがいいです。私は粒が残っていた方が好みなので少しだけ潰しました。

f:id:bonyarikumasan:20191115155226j:plain

台にくっつかないようにキッチンシートをしいた上に混ぜ合わせたご飯をのせて上からラップをかけてめん棒で厚さ0.5~0.3mmくらいに伸ばします。

f:id:bonyarikumasan:20191115155512j:plain

伸ばしたらコップを押し付けて丸くくりぬきます。

f:id:bonyarikumasan:20191115155632j:plain

丸くくりぬいたら両面にごま油を薄く塗って、ラップをしいたお皿の上に置いておきます。おまけの小さいおせんべいもできました(*´ω`*)

f:id:bonyarikumasan:20191115155740j:plain

お魚焼きグリルで両面こんがりするまで焼いていきます。

f:id:bonyarikumasan:20191115160054j:plain
弱火でじっくり片面6~7分ずつ焼きます。

f:id:bonyarikumasan:20191115160104j:plain

焦がすと固くなってしまうので注意してください。写真だとわかりずらいですが、2枚目の写真は若干キツネ色になっています。表面を菜箸などで触ってカリカリしていたら裏返してください。

f:id:bonyarikumasan:20191115160855j:plain

注意していたつもりが少し焦がしちゃいました💦

パリパリしてて食感が楽しいです!お醤油とゴマの香ばしい香りが口の中に広がります。青のりとけずり粉も入っているので風味がとてもよいです(*´ω`*)

 

ご飯で出来ているし、沢山噛むので、満足感&腹持ち最高です!

食感のよいものを食べると、ストレス解消効果が得られると、前に聞いたことがあります。このおせんべい食感がすごく良いので、今度むしゃくしゃした時なんかに作ってムシャムシャバッキバッキ食べてみたいと思います(笑)

 

それからカルシウムは酸っぱいもの(梅干しやお酢や柑橘系のもの)と一緒に摂ると吸収率が上がるので、何でもいいですが例えば黒酢ドリンクなどと一緒に食べるとより骨や歯にとって良いおやつになると思います。

 

私が今までに作った、歯や骨を強くするレシピはコチラから見れます。↓

骨や歯を強くするご飯 カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

まとめというか一言

お米と醤油の焼ける香ばしい匂いがたまりません。もう一生お部屋換気したくない(๑´ڡ`๑)