くまさんの健康ひとりご飯

30半ば、去年病気がみつかり食に関心を持つようになり健康を気にし始めた女の食事記録です。自炊したことなかった人が毎日料理をしています。どうせなら体にいい物が食べたいと思い、栄養素や食について独学中です。

【スポンサーリンク】

緑黄色野菜が沢山とれる。気虚体質改善、野菜たっぷり鶏肉のみぞれ煮の作り方。

スポンサーリンク

気虚体質によい食材を組み合わせてみぞれ煮を作ったら、思いがけず緑黄色野菜がしっかりとれるものが出来たというお話です。

寒いし大根あまってるし、みぞれ煮でも作ろうかな・・どうせ作るなら最近お疲れ気味なのでパワーチャージできるような気虚を改善できる食べ物にしたいなぁ、と考えて作り始めたのですが、出来上がったものを見たらなんかすごい緑黄色野菜たっぷりになってて「おお(*´ω`*)♪」ってなりました。

作ったものはこちらです。↓

f:id:bonyarikumasan:20191119144321j:plain

気虚体質さんによいとされている、鶏肉、かぼちゃ、人参、ブロッコリーをたっぷり使って作りました。水を一切使わずに作るので、かぼちゃの甘味が濃厚なみぞれに溶け出して他の具材によく絡んでとっても美味しかったです(#^^#)

気虚体質ってなぁに?という人は良ければコチラを読んでみてください。下にスクロールすると気虚についてまとめたものが読めます。↓

www.bonyarikuma.work

季節の変わり目や体調などでどの体質が強く出るかは変わってくるのですが、今の私は気虚体質が強いと感じています。でも食欲は普通にある事が多いので気虚体質の項目のそこだけは当てはまらないけれど、その分?お腹をよく下します(;'∀')

野菜たっぷり鶏肉のみぞれ煮の作り方。

密封容器に入れて冷蔵庫で3~4日は大丈夫だと思うので沢山作ることにしました。

材料 3食分くらい

・鶏もも肉 250g(大体1枚くらいです)

・カボチャ 210g

・人参 半分

・ブロッコリー 150g

・大根 20cm

・生姜 15g

・白だし 大匙3

・ごま油 大匙1

作り方

カボチャは食べやすいように適当な大きさに切って皮の厚いところや汚れているところをとっておきます。ブロッコリーは太い茎と細い茎の境目に包丁を入れて、子房にわけます。大きい物は軸の方に切れ目を入れて割くようにして大きさを揃えておきます。耐熱タッパーにいれて軽く蓋をして500wのレンジで3分加熱しておきます。

f:id:bonyarikumasan:20191119150556j:plain

練習で人参をもみじのカタチにしてみました。もみじじゃなくても7mm幅くらいの輪切りで大丈夫です。これも耐熱タッパーに入れて軽く蓋をして500wのレンジで2分加熱しておきます。

f:id:bonyarikumasan:20191119150624j:plain

大根は皮をむいてすりおろしておきます。生姜も皮をむいてすりおろして、大根おろしと一緒にしておきます。

f:id:bonyarikumasan:20191119151111j:plain

今回は切らなくても既に一口大に切れている鶏肉を買ってきたので、そのままフライパンで焼きました。

f:id:bonyarikumasan:20191119145748j:plain

油をひかないフライパンで中火で鶏肉の皮側を下にして、こんがりするまで焼きます。

f:id:bonyarikumasan:20191119145856j:plain

こんがり焼き目がついたら裏返して、切ってレンジで加熱しておいたカボチャ、ボロッコリー、人参、それから大根おろし、すりおろし生姜を入れて、白だしとごま油を上から回しかけます。

f:id:bonyarikumasan:20191119145917j:plain

蓋をして中火でグツグツするまで煮ます。グツグツしたら、お玉か何かでそっとかき混ぜて弱中火にして蓋をして5分煮ます。

f:id:bonyarikumasan:20191119151603j:plain

5分煮たものがこちらです↑器に盛って完成です!(*´ω`*)

f:id:bonyarikumasan:20191119151727j:plain

かぼちゃの甘味が優しい。心に染みます。美味しくパワーチャージができました(o˘◡˘o)

たくさん作ったので明日の朝ご飯にも食べよう♪最近、胃腸の調子が少しいいみたいで朝起きた時にお腹が空いてて嬉しいです。お腹空いてる方が美味しく食べれるもんね(๑´ڡ`๑)

 

まとめというか一言

時間かけてもみじにした人参がみぞれまみれに(๑¯ω¯๑)

 

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】