くまさんの健康ひとりご飯

30半ば、去年病気がみつかり食に関心を持つようになり健康を気にし始めた女の食事記録です。自炊したことなかった人が毎日料理をしています。どうせなら体にいい物が食べたいと思い、栄養素や食について独学中です。

乾燥ずいきの灰汁の抜き方とずいきのきんぴらの作り方。減塩と体の変化について。

道の駅に行ったら乾燥ずいきがあったので、作り置きに便利な乾燥ずいき(芋がら)のきんぴらを作ったお話です。

乾燥ずいきの他に菊芋とこうせんを買ってきました。

f:id:bonyarikumasan:20191128230110j:plain

こうせんは、子供の頃に学校終わって帰ってくると祖母がオヤツとして出してくれてたのを思い出して、懐かしくてつい衝動買いしてしまいました(*´ω`*)お砂糖とお湯入れて混ぜて食べると美味しいんです。全然違うけれど混ぜる時「ねるねるねーるね!」とか言いながら食べてた(笑)

乾燥ずいきの灰汁の抜き方。

乾燥ずいきを用意します。

f:id:bonyarikumasan:20191128230626j:plain

残しておくのもなんなので一袋全部使いました。40gぐらいありました。

大きい鍋かフライパンにお湯を沸かして乾燥ずいきを入れて1分茹でます。

f:id:bonyarikumasan:20191128230731j:plain

乾燥が戻されて膨らんできます。茹で終えたらザルにあげてから冷たい水につけて優しく揉み洗います。

f:id:bonyarikumasan:20191128230832j:plain

水が茶色くなるので茶色くなった水は捨てて、また大きい鍋かフライパンにお湯を沸かして今度はサッと茹でます。ずいきを入れて再度沸騰してから30秒くらいでザルにあげます。

f:id:bonyarikumasan:20191128230948j:plain

ザルにあげたら、また冷たい水につけて優しく揉み洗いします。

f:id:bonyarikumasan:20191128231202j:plain

まだ水が茶色くなるようなら、また大きい鍋かフライパンにお湯を沸かしてずいきを入れて、沸騰してから30秒でザルにあげて、冷たい水につけて揉み洗いする、という工程を1~2回繰り返して水が茶色くならなくなるまで繰り返します。

f:id:bonyarikumasan:20191128231446j:plain

灰汁が抜けたら、水気を絞って食べやすい大きさに切ります。これで灰汁抜きは完了です。

ずいきと油揚げのきんぴらの作り方。(ゆる減塩)

先日、減塩調味料を買ってせっかくなので使ってみました。

減塩の為にコチラの調味料を使いました。↓

f:id:bonyarikumasan:20191129084043j:plain

タカラから出ている食塩0の料理のための清酒、と

f:id:bonyarikumasan:20191129084237j:plain

食塩相当1gあたり0.04gのリケンの素材力だしを使いました。

今回初めて食塩0料理のための清酒の封を切り使ってみました。香りはめちゃくちゃ日本酒!ふた開けた瞬間、ぷわーん!と日本酒の強い香りがしました。料理中、蒸発したアルコールで酔っぱらえそうなくらい強い日本酒感を感じました。でも、ちゃんとアルコールを飛ばして料理することで食材に旨味がうつり、塩分0でもとても美味しいきんぴらになりました。

素材力だしは少し薄味かな・・と感じますが、かつおのよい香りがしっかりと感じられて美味しいです。かつおの香りがちゃんと感じられるので、1口目は薄いと感じても2口、3口目には丁度良くなり最後まで食事を美味しく完食させてくれるので気に入っています。次は大袋で買おうと思っています。

密封容器に入れて冷蔵庫で4~5日は大丈夫だと思います。

材料

・乾燥ずいき40gを戻して灰汁抜きしたもの

・油揚げ 2枚

・ごま油 小匙2

・鷹の爪(冷凍) 3本

・タカラの食塩0料理のための清酒 大匙3

・本みりん 大匙1

・醤油 大匙1、5

・リケン素材力だし 1本(5g)

・きび糖 小匙1

作り方

油揚げは油抜きせずに短冊切りにします。鷹の爪はヘタを切り落として3~4等分にしておきます。

フライパンにごま油を入れ、灰汁を抜いたずいき、短冊切りにしておいた油揚げ、切っておいた鷹の爪、を入れて中火で炒め混ぜます。

f:id:bonyarikumasan:20191129083753j:plain

炒め混ぜて全体に油が回ったら、タカラの食塩0料理のための清酒、本みりん、醤油、きび糖、を入れて汁気がなくなるまで炒め合わせます。 減塩じゃない料理酒、だしの素、を使う場合は、味が濃くなるといけないので、この時入れる醤油を大匙1にして様子をみながら醤油を足してみてください。

f:id:bonyarikumasan:20191129083933j:plain

汁気がなくなったら、だしを入れます。

f:id:bonyarikumasan:20191129085012j:plain

炒め合わせたら完成です!

f:id:bonyarikumasan:20191129085038j:plain

食感が楽しいずいきのきんぴらです。味がしっかりしているのでお弁当のおかずにもよいと思います(*´ω`*)

f:id:bonyarikumasan:20191129085223j:plain

菜の花とブロッコリーの白和え、ブドウ、真サバを焼いたもの、大根おろし、アボカド、酢納豆と一緒に食べました。納豆やアボカドにはカリウムが豊富に含まれているのでむくみ対策によいです。

焼き魚といえば塩サバとか塩鮭と思っていましたが、煮魚用に売られている真サバを焼いて食べてもいいじゃん、という事に気づいてやってみました。何の味付けもせずに魚焼きグリルで焼いただけだけれど、すごくジュージューでふっくらしてて美味しい焼きサバになりました。大根おろしとレモン汁で食べればより減塩できるし満足感も得られるし何より美味しいです(*´ω`*)

それから、納豆は酢醤油で食べると入れる醤油の量を抑える事ができて減塩できるし、お酢効果で納豆がふわっふわになってめちゃくちゃ美味しいです!(ちょっと匂い強くなっちゃうけれどね。でも味はすごく美味しいよ(´ε` )

減塩をはじめてからの体の変化。

減塩じゃないものも食べているせいか、正直そこまで体の変化は感じていません。

f:id:bonyarikumasan:20191129091327j:plain

↑この日も減塩ピラフおにぎりを食べた後に見つけた、道の駅の中にあったパン屋さんで「山くるみパン」を買って食べた。食後のデザートではなく食後の炭水化物です( *´罒`* )

ただ、なんとなくいつもよりもトイレに行く回数が増えたり、指がスッキリしてきたり、服用している薬の影響でむくみやすいので朝は顔がパンパン(朝だけじゃなくいつもパンパン)なのが通常なのですが、今朝は少しスッキリしていました。でも、まだ自分の体の事だから気づけるだけで、人が見て気づくくらい目に見えて変わってはないと思います。

あ!そうそう!これが一番ビックリしたんだけれど、減塩カレーうどんを食べた日の夜はトイレに5回も起きました。で、翌朝に鏡をみたらフェイスラインがいつもよりもクッキリしてた!(気がする)減塩カレーうどんと関係あるかわからないけれど、でも他には変わった事してないので、減塩のおかげでむくみがとれたのかなと思いました。

あと、いつもよりもなんとなく体が軽い気がします。自然と体を動かしたくなるような気持になります。気になる体重なのですが・・

「お?もしや体重減ったんじゃない?」と思って測ってみたけれど、500g増えてました。

え?なんで?人体の不思議だ(´゚д゚`)

と驚きのあまり体重計の上で石になりかけました。だって、こんなに体がスッキリしている感じがするのに、増えてるだなんておかしいじゃないか!

「そうだ、パンツの重さかもしれない!!きっと500gはパンツの重さに違いない!!(; ・`д・´)」

と自分に言い聞かせてありのままの姿になり体重計に乗りなおしてみました(バカ

やっぱり体重は変わってませんでした。当たり前だよね、500gもあるパンツなんて聞いたことないもん。よろいかよ!って感じですよね。(今なら冷静になれるけれど、この時は乱心してた💦)

全ての排泄をすませた後だというのに、なぜ増えてるんだ!?感覚的には体は物凄く軽いのに?(´゚д゚`)

さらにビックリしてもっと石になりそうだったので、いったん冷静になって今までの自分の行動と食事内容と体の変化をもう一度振り返ってみることにしました。そしてわかりました。

実は、いま筋肉痛中なんです。少し前に動物園や紅葉を見に行った時に3時間くらい歩き回ったのと、その後に減塩に目覚めて体が軽くなり家にあるエアロバイクを続けて1時間漕いだりしていました。

たぶん、筋肉(筋繊維)を修復するために一時的に筋繊維が水分をとり込んでいる為に体重が増えているのだと思いました。

たしかに、今までの私の体の変化を振り返ると運動したあとは1~2キロ体重が増えている事が多かったです。そう考えると+500gでとどまっているのは減塩しているおかげなのかもしれないなぁと思いました。

これからもゆる減塩を続けていこうと思います(*´ω`*)

 

まとめというか一言

子供の頃にずいきのきんぴらを食べて育ったわけじゃないのに、なぜか懐かしい味がします(o˘◡˘o)

 

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】