くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

自律神経を整えるレシピ。野菜が沢山とれる。茄子とひき肉の甘辛酢丼の作り方。

自律神経を整える、茄子とひき肉の甘辛酢丼の作り方。

自律神経を整えるのに必要な栄養素は、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、の他にビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE、必須アミノ酸、カルシウム、マグネシウム、マンガン、です。それらが摂れる、茄子とひき肉の甘辛酢丼のレシピを考えました(*´ω`*)

野菜についてるかもしれないコロナが心配なので、最近はアライグマのように念入りにシャカシャカ洗っています。そろそろ「しろくま」から「あらいぐま」になりそうです(; ・`д・´)

何かと心に負担がかかりやすい時なので、自律神経を整えて栄養もとれて、後片付け(洗い物)も簡単に済むご飯にしました。

たっぷり野菜がとれる。茄子とひき肉の甘辛酢丼の作り方。

減塩調味料を使って作っていますが、普通の調味料を使って作る場合も分量は変わりません。

材料 1人分

  • 雑穀ごはん 120gくらい
  • 合い挽き肉
  • 茄子 1本
  • 玉ねぎ 1/2個
  • サヤ付き冷凍枝豆 50g
  • 冷凍ブロッコリー 50g
  • しめじ 50g
  • ミニトマト 3つ
  • にんにく 1かけ
  • 焼き海苔 1/4枚
  • 玉子 Mサイズ1つ
  • 片栗粉 適量
  • ごま油 大匙2~3
  • 目玉焼き用のごま油 大匙1
  • 粉末だし 2.5g
  • 醤油 大匙2
  • お酢 大匙1
  • てんさい糖 小匙1(普通の砂糖でも大丈夫です)

作り方

玉ねぎは、7mm角切りにします。

f:id:bonyarikumasan:20200408231441j:plain

にんにくは、皮をむいて半分に切って芽を取り除いてから、粗みじん切りにします。

f:id:bonyarikumasan:20200408231458j:plain

しめじは、石づきをとって、食べやすい大きさに割きます。

ミニトマトは、水でよく洗ってヘタを取っておきます。

サヤ付き冷凍枝豆は、解凍してサヤから豆を外しておきます。

冷凍ブロッコリーは、解凍しておきます。

茄子は、水でよく洗ってからヘタを取ります。包丁で上を少し切り落とします。

f:id:bonyarikumasan:20200408231511j:plain

周りに残ったペラペラしてるやつを包丁を使って切り落とします。

f:id:bonyarikumasan:20200408231519j:plain

7mm幅の輪切りにします。

f:id:bonyarikumasan:20200408231528j:plain

水につけて灰汁を抜きます。5分くらい置きました。

f:id:bonyarikumasan:20200408231538j:plain

水を切ってから片栗粉をまぶします。

f:id:bonyarikumasan:20200408231547j:plain

フライパンにごま油を入れて、茄子を弱中火で焼きます。

f:id:bonyarikumasan:20200408231558j:plain

茄子がごま油を吸うので、ごま油は多めがいいです。大匙2では足りなかったので、少し足しました。

f:id:bonyarikumasan:20200408231607j:plain

茄子の両面がこんがり焼けたら、お皿に取り出しておきます。そのままのフライパンににんにくを入れて炒めます。弱中火です。

f:id:bonyarikumasan:20200408231622j:plain

にんにくの香りが出たら、玉ねぎとしめじを加えて、玉ねぎが透き通るまで炒めます。

f:id:bonyarikumasan:20200408231632j:plain

玉ねぎが透き通ったら、合い挽き肉を入れて中火で炒めます。

f:id:bonyarikumasan:20200408231640j:plain

合い挽き肉の色が変わったら、枝豆、ブロッコリー、ミニトマト、を入れて中火のまま炒めます。

f:id:bonyarikumasan:20200408231648j:plain

ミニトマトの皮が弾けるまで炒めます。

f:id:bonyarikumasan:20200408231657j:plain

ミニトマトの皮が弾けたら、よけておいた茄子を戻し入れて、粉末だし、醤油、お酢、てんさい糖、を入れて炒めます。

f:id:bonyarikumasan:20200408231709j:plain

汁気がなくなるまで炒めたら、火を止めます。

f:id:bonyarikumasan:20200408231720j:plain

お皿に雑穀ごはんを盛って、上に手でちぎった焼き海苔をのせます。その上に作った茄子とひき肉の甘辛酢をかけます。

f:id:bonyarikumasan:20200408231728j:plain

目玉焼きを作ります。フライパンにごま油をいれて中火で熱して、玉子を割り入れます。蓋をすると黄身が白くなってしまうので、蓋をせず、焦げないように火加減に注意してそのまま焼きます。

f:id:bonyarikumasan:20200408231737j:plain

焼けたら上にのせて完成です。

f:id:bonyarikumasan:20200408231746j:plain

お酢が入っているので、さっぱり食べられます。茄子がトロトロしてて美味しいです。半熟玉子の黄身を絡めながら食べるの最高に美味しいです(*´ω`*)

 

  • ビタミンB6 にんにく、合い挽き肉、玉ねぎ、ブロッコリー、ミニトマト・・
  • ビタミンB12 合い挽き肉、焼き海苔、玉子・・
  • ナイアシン 焼き海苔、合い挽き肉、しめじ、枝豆、ミニトマト、ブロッコリー・・
  • ビタミンB1 合い挽き肉、焼き海苔、枝豆、にんにく、ミニトマト、ブロッコリー、なす・・
  • ビタミンB2 焼き海苔、合い挽き肉、枝豆、ブロッコリー、にんにく、ミニトマト・・
  • ビタミンC ブロッコリー、焼き海苔、ミニトマト、枝豆、なす・・
  • ビタミンA 焼き海苔、ミニトマト、ブロッコリー、枝豆・・
  • ビタミンE 焼き海苔、ブロッコリー、ミニトマト、枝豆、なす・・
  • 必須アミノ酸 合い挽き肉、玉子・・
  • カルシウム 焼き海苔、枝豆、ブロッコリー、玉ねぎ、なす、ミニトマト・・
  • マグネシウム 焼き海苔、枝豆、ブロッコリー、なす、ミニトマト、玉子・・
  • マンガン 焼き海苔、枝豆、にんにく、ブロッコリー、なす、玉ねぎ・・

 

今までに私が作った、自律神経を整えるご飯の作り方は、コチラから見れます。↓

自律神経をととのえるご飯 カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

まとめというか一言

埋もれてしまって全く見えませんが、焼き海苔がいい仕事をしてくれます。美味しいです(*´ω`*)