くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。それまでの環境を変えて、婦人科に通院しながら良くなる為に出来る事はないかと考えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

疲労回復効果。唐揚げのレモンあんかけ和えの作り方。

疲れた体に効く!唐揚げのレモンあんかけ和えを作りました。

疲労回復ご飯です。クエン酸が摂れるガッツリメニューを作りました。

食べて元気を出すぞ!おー!(*´ω`*)

唐揚げのレモンあんかけ和えの作り方。

材料

唐揚げ

  • 鶏もも肉 1枚
  • 皮をむいた生姜 10g
  • にんにく 1かけ
  • 粗塩(普通の塩でも大丈夫です) 小匙半分
  • コショウ 適量(多めが美味しいです)
  • 小麦粉 大匙2
  • 片栗粉 大匙1
  • オリーブオイル 適量

あんかけ

  • レモン汁 大匙2
  • 醤油 大匙1
  • ハチミツ 大匙1と半分
  • 粉末だし 2.5g
  • 水 大匙1
  • 片栗粉 小匙1

作り方

先に、唐揚げを作ります。

皮をむいた生姜は、すりおろしておきます。

にんにくは、皮をむいて、すりおろしておきます。

鶏もも肉は、余分な油を取り除いて、6等分に切ります。

f:id:bonyarikumasan:20200421210213j:plain

ビニール袋に切った鶏肉を入れて、すりおろした生姜とにんにく、粗塩とコショウを加えて袋の上から揉んで味をしみ込ませます。

f:id:bonyarikumasan:20200421210227j:plain

そこに小麦粉を加えて、全体にいきわたるように混ぜます。

f:id:bonyarikumasan:20200421210243j:plain

小麦粉がお肉に馴染んだら、片栗粉を加えて、全体にいきわたるように混ぜます。

f:id:bonyarikumasan:20200421210252j:plain

フライパンに多めのオリーブオイルを入れて、中火で熱します。170~175度の油に入れて、だんだん温度をあげながら4~5分、途中裏返して、むらなく色づくように揚げます。唐揚げの表面から出る泡が小さくなって、音もぴちぴちと小さくなったら、引き揚げて油を切ります。

f:id:bonyarikumasan:20200421210318j:plain

菜箸で唐揚げを持ち上げた時に、ビリビリしたら、揚げ終わりのサインです。

f:id:bonyarikumasan:20200421210330j:plain

唐揚げはこれで完成です。次に、あんかけを作っていきます。

鍋かフライパンに、レモン汁、ハチミツ、粉末だし、水、片栗粉、を入れてよく混ぜ合わせます。

f:id:bonyarikumasan:20200421210345j:plain

中火にかけて、木べらなどで全体をかき混ぜながら、トロミがつくまで加熱します。

f:id:bonyarikumasan:20200421210353j:plain

トロミがついたら火を止めて、油を切った唐揚げを入れてよく和えたら完成です!

f:id:bonyarikumasan:20200421210402j:plain 

f:id:bonyarikumasan:20200421210418j:plain

レモンがアッサリしているので、重くなり過ぎなくて食べやすいです。美味しい(*´ω`*)

 まとめというか一言

美味しかったです(*´ω`*)