くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

お家にあるもので簡単サムゲタン風スープの作り方。記憶の上書き保存には時間がかかる、というお話です。

お家にあるものだけでサムゲタン風スープを作りました。

不要不急な外出を避けるために、お家にあるものだけでサムゲタン風スープを作りました。

丸々1匹の鶏とまではいかなくても、本当は、骨付き鶏肉を使いたかったのですが、家に鶏もも肉しかなかったので、鶏もも肉で作りました。高麗人参はなかなか手に入らないけれど、長ネギやナツメグや栗などは近所でも売っているので、入れて作った方がグッと本格的な味に近づきますが、家になかったのでしょうがない。それでも、すごく美味しくできたので、健忘録がてら作り方を書いてみようと思います(*´ω`*)

ちなみに、鶏肉とサツマイモは気虚にとても良い食材です。

お家にあるもので作る。サムゲタン風スープの作り方。

材料 1人分

  • 鶏もも肉 1枚
  • サツマイモ 2cm
  • 小葱 1/2本
  • 米 大匙2
  • 水 500ml
  • 生姜 15g
  • にんにく 1かけ
  • クコの実 小匙1
  • 松の実 小匙1
  • 干し海老 小匙1
  • 粗塩 小匙1(普通の塩でも大丈夫です)

作り方

小葱は水でよく洗ってから、小口切りにしておきます。

f:id:bonyarikumasan:20200425094337j:plain

サツマイモは水でよく洗って、皮に汚れている部分があったらむいてから、皮ごと1cm幅の半月切りにします。

f:id:bonyarikumasan:20200425094347j:plain

にんにくは皮をむいて、半分に切って中の芽を取り除いてから、薄切りにします。

f:id:bonyarikumasan:20200425094400j:plain

生姜は皮をむいて、薄切りにします。

f:id:bonyarikumasan:20200425094408j:plain

鶏もも肉は、余分な油や筋を取り除いてから、食べやすい大きさに切ります。

f:id:bonyarikumasan:20200425094417j:plain

1人用の土鍋に、にんにく、生姜、鶏もも肉、サツマイモ、米、クコの実、松の実、干し海老、粗塩、水、を入れて中火にかけます。

f:id:bonyarikumasan:20200425094427j:plain

沸騰してくると灰汁がでてくるので、灰汁を取りながら蓋をして弱火でコトコト30分煮ます。

f:id:bonyarikumasan:20200425094454j:plain

お米が柔らかくなって、ふっくらして表面にヒビが入ったら、火を止めます。

切っておいた小葱を散らして、召し上がれ。

f:id:bonyarikumasan:20200425094506j:plain

柔らかく煮込まれた鶏肉はホロホロ、トロトロで、とっても美味しいです。生姜とにんにくが入っているので、体も温まります。

記憶の上書き保存には時間がかかる、というお話です

前職をしていた頃、ストーカーから嫌がらせをを受け続けて心がボロボロになり、仕事を辞めて、引っ越しをして、環境を変えて、安心して暮らせるようになって暫くした頃に、繰り返しその事についての悪夢をみたり、情緒不安定になったり、いろいろありましたが、ここのところはもうずっと変な夢や笑える夢をみることはあっても、それについての悪夢はみていませんでした。でも、久しぶりに悪夢をみました。

 

今から書くことは、少し話がそれているように思えるけれど、ちゃんと繋がっているので安心してください💦

子供の頃、ものすごく酷いアトピー持ちで辛かったはずだったんだけど、治って大人になってその時の事を思い出す時は、そんなに辛いっていうイメージはありませんでした。

けれど、この前、アトピーだった子供の頃と似たような状態になった時に、ふっと「子供の頃にアトピーが酷くて痒くて辛くて大変だった」という記憶が蘇ってきたんです。そんな経験から、記憶というものは、その時の状況や、自分の心持などで、幾らでも変える事ができるんだってことに気づいたんです。

詳しくはコチラに書いています。読んでいただいた方が、ここで言う「上書き保存」という言葉の意味が伝わりやすいと思います。↓

花粉症改善レシピ。ぶりと甜茶の薬膳うどんの作り方。記憶は都合よく上書き保存して幸せになる話。 - くまさんの健康ひとりご飯

 

上に貼ったページの中に書いたんだけれど、

「アトピーだった時に、学校でクラスの一部の女子から肌を気持ち悪がられて傷ついたこともあったけれど、仲良しの友達がそばに居てくれたおかげで、すぐに忘れて笑っていた」

とか

「毎晩わたしが眠るまで祖母が本を読んで聞かせてくれたことで、布団にはいってから酷くなる(体が温まると痒みが酷くなった)痒みを紛らわすことができたこと。その影響から、本好きになった」

とかっていうのは、脳がアトピーのせいで「クラスの子に酷い事を言われた!悲しい」とか「痒い!辛い!」とかっていう風に、一度脳が覚えた悪いイメージを友達や祖母の手助けのおかげがあって、自分でも気づかないうちに「友達と笑って楽しい思い出」とか「本は楽しい。本が好き」とかっていう良いイメージに書き換えて上書き保存していたんだ、ということに気付いたんです。

しかも、似たような状態になってその時の事を思い出すまで、自分でも上書き保存していた事に気づかなかったんです。

 

子供の頃だったので今よりも心が柔軟だったという事と、周りの人の手助けがあったという事と、その時の自分の心の状態が良好だったという事があって、当時は、私自身も自分が上書き保存をしたことすら完全に忘れてしまえるくらい楽に記憶の書き換えと上書き保存ができました。

当時の自分と比べてストーカーから嫌がらせを受け続けていた時は、長い間、受け続けたストレスのせいで心がボロボロになってしまい、柔軟の欠片もなくなり、自分不信、人間不信になってしまっていたので、人の助けを受けるどころか、そもそも人が信じられなかったし、そんな状態だったのでストーカーにあっている時の(環境を変えるまでの間)私の心はとても良好とは言えませんでした。

簡単に上書き保存できていた子供時代の自分と、今の自分を比べてみてわかったんですが、記憶の書き換えと上書き保存にかかる時間は、ストレスを受けていた時の状況や、期間や、自分の心の状態によって変わるのかなって。ストレスを受けている時の状況と、自分の心の状態が悪ければ悪いほど、強烈に負のイメージの記憶が「考え癖の種」として脳に残るので、その分だけ記憶の書き換えと上書き保存にも時間がかかるのかなって思っています。

 

そうやって上に書いたみたいに普段は考えられるし、嫌な記憶をふっと思い出してしまった時も自分に対して「どんまい。今はそういう時だから仕方ない。嫌な記憶の嫌なイメージに自分の気持ちを振り回されないように切り替えていこう」って言えるんだけれど、悪夢をみて久しぶりにものすごく気分が落ち込みました。

でも、切り替える事すらできなくて、悪夢をみたり、ふっと思い出したりした時に過去の嫌な記憶のイメージに引きずられて心が不安になったり、怖くなったり、今現在もまだ同じような事が起こっているような気がしてパニックになったりしていた時があったので、今は、そんな風に取り乱すことがなくなったということは、少しずつ、少しずつ、私の脳は過去の記憶のイメージの書き換え作業を頑張ってくれているんだなって思います。だから、落ち込んで自分の心を苦しめるのではなくて、励ましてあげたいと思いました。

 

嫌な過去の記憶やそれに対しての自分の負の感情にとらわれてしまって辛い時は、「言葉と行動が先で後から「おもい」は変化する」というタイトルのページにも書いたんですが、心と体の準備が整ったら、それまでしていた自分を苦しめる考え方をやめて吹っ切るぞ!と決めて言葉と行動を変えることで「おもい」は後からついてきて、結果的に楽になれると思っています。

私自身がそうすることで、ストーカーから受けたストレスの後遺症を癒した他に、今まであった日常の小さい事から大きな事まで何度もそうして楽になれたし、本当のことなんだけれど、おもいは少しずつしか変われないことを改めて痛感しました。

でも、少し変わっただけでも、それまでの自分よりもスゴク楽に生活できるようになると感じています。

コチラのページです。↓

【まごわやさしい】魚の肉団子うどんの作り方。言葉と行動が先で後から「おもい」は変化する、というお話。 - くまさんの健康ひとりご飯

 

例えば、直したいと思っている変な癖を直そうとして努力しているのにも関わらず、ふとした瞬間に自分でも気づかないうちに癖が出てしまう時ってあると思うし、出たからといって直そうと決めた時の自分から後退したわけではないし、直すのには根気と時間が必要なんだと思います。考え癖を直すこともそれと同じことだと思いました。

そして気づいたんですが、これは、10代の頃にうつ病になって治し途中の時に心の支えにしていた事とも同じ事でした。10代の頃にうつ病になって長い闘病生活のなかで症状が慢性化してしまったのを治すために森田療法をしたことがありました。寝不足で辛かったり、気分が落ち込んでいたりしても、不安や怖くても、やるべきことを普段通りにやっていさえすれば、その積み重ねが「大丈夫」に繋がって、心の中にあった長い期間をかけて心にこびりついた不安や恐怖という記憶(気持ち)が「安心」という記憶(気持ち)に変わっていって、時間をかけて脳が上書き保存してくれたおかげでうつ病を治すことができました。

だから、また悪夢をみても気にしない。そのせいで気分が落ち込んでも気にしない。状況や自分の心持ち一つでコロコロ変わる心には従わないぞって思って、また今から気持ちを切り替えていこうと思います。

 

今は「気持ちを切り替えるぞ」と考える事が、自分にとって心地の良い考え方になっているけれど、心と体の準備が整っていない時に無理にポジティブに考えようとしてもうまくいかないことが多いし、自分の心が苦しくなってしまう場合が多いと思います。前の私がそうでした。 

此処に書いたことは、あくまでも私の場合の話で個人的な考え方なので、人それぞれ置かれている環境も、心も、求めているものも全部違うので、今の私にとってこの考え方は心地よくて気持ちが元気になれる考え方ってだけで、これが絶対に正しいというわけではありません。

私自身もまだ悩みの中にいますが、こんな風に考えたらそれまでより楽になったよ!っていうことを此処に書くことで、いま同じように苦しい中にいる人のなにかのヒントになったらいいなと思っています。

まとめというか一言

炭水化物+炭水化物になりますが、サムゲタン風スープにスプーンの上にのせたご飯をひたして食べると、めちゃくちゃ美味しいです(*´ω`*)b