くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

【作り置き】甘すぎる梅酒を使ったしみしみ大根と鶏肉の煮物の作り方。

作り置きに便利。甘すぎる梅酒で作る大根と鶏肉の煮物の作り方。

口に入れた瞬間、ジュワーとお出汁が溢れるジューシーな大根が食べたくて作りました(*´ω`*)

家に自作の激甘梅酒が大量にあるので、それを料理酒と砂糖の代わりに使って煮ました。とても美味しい煮物が出来たので、健忘録がてらレシピを書いてみようと思います。

しみしみ大根と鶏肉の煮物の作り方。

時季にもよりますが、密封容器に入れて冷蔵庫で3日くらい保存でると思います。

材料 3人分くらい

  • 大根 4cm
  • 下茹で用米 少々
  • 下茹で用水 大根がかぶるくらい
  • 鶏もも肉 1枚
  • こんにゃく 1枚
  • 玉子 Mサイズ3つ
  • 生姜 15g
  • 粉末だし 5g
  • 醤油 100ml
  • 甘すぎる梅酒 200ml
  • 水 100ml

作り方

まず最初に大根の下茹でをしていきます。

大根は皮をむいて1cm幅に切ります。

f:id:bonyarikumasan:20200429194236j:plain

鍋に大根を入れて、大根がかぶるくらいの水と米を入れて中火にかけます。

f:id:bonyarikumasan:20200429194246j:plain

大根が柔らかくなるまで20分くらい下茹でします。

f:id:bonyarikumasan:20200429194254j:plain

下茹でしている間に他の食材の準備をします。

玉子を茹でて殻をむいておきます。

こんにゃくの全体に浅い切り込みをいれてから三角に切ります。下茹で不要のこんにゃくなので、そのまま使います。

f:id:bonyarikumasan:20200429194309j:plain

f:id:bonyarikumasan:20200429194316j:plain

鶏もも肉は余分な脂を取り除いてから、食べやすい大きさに切ります。

f:id:bonyarikumasan:20200429194330j:plain

生姜は皮をむいて、薄切りにします。

f:id:bonyarikumasan:20200429194337j:plain

煮ていきます。

鍋に、下茹でした大根、こんにゃく、鶏もも肉、生姜、水、梅酒、醤油、粉末だし、を入れて落し蓋をして中火で煮ます。

f:id:bonyarikumasan:20200429194348j:plain

10分間煮たらお玉で優しくかき混ぜて、全体にムラなく味がしみ込むようにします。灰汁が気になったら取り除いてください。また落し蓋をして中火で10分間煮たらお玉で優しくかき混ぜて落し蓋をして、冷めるまで置いておきます。

f:id:bonyarikumasan:20200429194358j:plain

冷める時に味がしみ込むので、一度冷ましてから、食べる時に温め直して食べます。

f:id:bonyarikumasan:20200429194408j:plain

しみしみ大根がジューシーで美味しいです(*´ω`*)

まとめというか一言

里芋が合いそうだと思ったので、今度は里芋を入れて作ってみたいです。