くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

食物繊維が摂れる。脂肪燃焼効果あり。ひじきと枝豆の雑炊の作り方。

お腹に優しい、ひじきと枝豆の雑炊を作りました。

夕方にお菓子を食べたのでお腹は空かないけれど、夕ご飯抜かしたら1日の栄養が偏ってしまいそうだったので、栄養満点でお腹に優しいひじきと枝豆の雑炊を作ることにしました(*´ω`*)消化によいので、お夜食にも最適です。

枝豆とひじきには、水溶性、不溶性、両方の食物繊維が豊富に含まれています。また、枝豆には善玉菌のエサとなるオリゴ糖も含まれているので、腸内環境を整えるのに一石二鳥といえます。

それから、ひじきには、脂肪を燃焼してエネルギーに変えてくれるビタミンB2も多く含まれています。ミネラルも豊富に含まれていて、なかでも特に多く含まれているヨウ素は基礎代謝を高める効果が期待できると言われています。

ひじきと枝豆の雑炊の作り方。

材料 1人分

  • ひじきと枝豆のご飯 120g
  • 玉子 Mサイズ1つ
  • 皮をむいた生姜 5g
  • 水 300ml
  • 粉末だし 5g
  • 粗塩 小匙半分(普通の塩でも大丈夫です)

作り方

ひじきと枝豆のご飯をザルに入れて水で洗ってヌメリを取ります。

f:id:bonyarikumasan:20200507222450j:plain

一人用の土鍋に、ひじきと枝豆のご飯、水、粉末だし、を入れて中火にかけます。沸騰したら弱火にして、ご飯粒が柔らかくなるまで煮ます。

f:id:bonyarikumasan:20200507222513j:plain

すりおろし生姜と粗塩を加えて味をみます。薄ければ足してください。

f:id:bonyarikumasan:20200507222537j:plain

溶き玉子を回し入れて火を止めます。蓋をして1分蒸らしたら完成です。

f:id:bonyarikumasan:20200507222557j:plain

f:id:bonyarikumasan:20200507222614j:plain

ひじきの旨味たっぷりで美味しいです(*´ω`*)

 

今までに私が作った腸内環境を整えるレシピは、コチラから見れます。↓

腸内環境を整えるご飯 カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

材料にあるひじきと枝豆のご飯の作り方。↓

密封容器に入れて冷凍保存で2週間くらいは美味しく食べられます。作り置きしておけばいつでも手軽に栄養補給できます。

材料 1合分

  • 米 1合
  • 水 規定量
  • 乾燥ひじき 大匙1
  • サヤ付き冷凍枝豆 100g

作り方

乾燥ひじきをぬるま湯につけて戻します。戻したら、ザルにあけて水でよく洗い、水気を切っておきます。

冷凍サヤ付き枝豆は、解凍して豆をサヤから外しておきます。

米を水で洗ってお釜の中に規定量の水と一緒に入れます。

そこに戻したひじきと枝豆を入れて、炊飯器にセットし炊飯します。

炊き上がったら、しゃもじでご飯を切るように混ぜて完成です。

まとめというか一言

生姜も入っているので、体が温まります。