くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

【ストレス対策レシピ】にんにくとハーブが香るチーズフォンデュの作り方。

セロトニンを増やす食事。にんにくとハーブで美味しいチーズフォンデュの作り方。

セロトニンは、トリプトファンをはじめ、炭水化物、ビタミンB6、ナイアシン、マグネシウム、鉄、が合わさって生成されます。それらが摂れるチーズフォンデュの作り方を考えました(*´ω`*)

セロトニンは、感情や気分などをコントロールするのに欠かせない神経伝達物質なので、不足すると、慢性的ストレス、疲労感、イライラ感、向上心の低下、仕事への意欲低下、協調性の欠如、うつ症状、不眠、などといった症状があらわれます。ストレスがかかることでセロトニン神経が弱くなってしまう事があるので、ストレスや疲れを感じた時には積極的にセロトニンを増やす食事をとるように心がけています。

また、ハーブやニンニクなど香りの良い食べ物は、気の巡りを良くする働きがあるので、ストレス解消効果があります。

にんにくとハーブで美味しいチーズフォンデュの作り方。

材料

チーズ

  • ピザ用チーズ 90g
  • 豆乳 100ml
  • 片栗粉 小匙1
  • 料理酒 大匙1
  • 粉末コンソメ 小匙1
  • にんにく 1かけ
  • 乾燥バジル、乾燥オレガノ、乾燥ローズマリー 各小匙1/3

  • 玄米ふすまパン 適量
  • 鶏もも肉 1枚
  • 鶏もも肉にまぶす用の粉チーズ 適量
  • むき海老 適量
  • 舞茸 適量
  • 舞茸にまぶす用の塩コショウ 少々
  • 冷凍ブロッコリー 適量
  • ミニトマト 適量

作り方

先に具の準備をします。

玄米ふすまパンはトースターで少し焼いてから、一口サイズに切っておきます。

鶏もも肉は、余分な油や筋を取り除いてから、全体に粉チーズをまぶします。

f:id:bonyarikumasan:20200628192416j:plain

f:id:bonyarikumasan:20200628192423j:plain
油をひかないフライパンで皮側から焼きます。弱火で途中裏返して、中に火が通って両面がこんがりするまで焼きます。チーズが溶けて皮がカリカリになります。

f:id:bonyarikumasan:20200628192503j:plain

f:id:bonyarikumasan:20200628192510j:plain
焼けたら、食べやすい大きさに切っておきます。

舞茸は、食べやすい大きさに割いて、フライパンで焼いて塩コショウをふっておきます。

f:id:bonyarikumasan:20200628192535j:plain

むき海老は、茹でてお湯を切っておきます。

冷凍ブロッコリーは、解凍して水気をしぼっておきます。火傷するといけないので、水につけて冷ましてから水気をしぼってください。

ミニトマトは、水で洗ってヘタを取っておきます。

f:id:bonyarikumasan:20200628193554j:plain

これで具の準備は完了です。

チーズフォンデュのチーズを作っていきます。

油に強い耐熱容器ならなんでも大丈夫ですが、今回も土鍋で作りました。

土鍋に、豆乳、チーズ、片栗粉、コンソメ、料理酒、すりおろしたニンニク、各種ハーブ、を入れて蓋をして(ラップでも大丈夫です)500wのレンジで2分加熱します。レンジから取り出したらよくかき混ぜます。

これでチーズも完成です。具をチーズにつけて召し上がれ(*´﹃`*)

f:id:bonyarikumasan:20200628195750j:plain
ハーブとにんにくの香りが食欲をそそります。とっても美味しいです(*´ω`*)b

  • トリプトファン チーズ、豆乳
  • 炭水化物 玄米ふすまパン、など
  • ビタミンB6 にんにく、鶏もも肉、ブロッコリー、ミニトマト、舞茸、など
  • ナイアシン 鶏もも肉、舞茸、豆乳、ミニトマト、など
  • マグネシウム 豆乳、チーズ、鶏もも肉、えび、舞茸、ブロッコリー、ミニトマト、など
  • 鉄 豆乳、鶏もも肉、チーズ、にんにく、ミニトマト、など

 

ノーマルなチーズフォンデュの作り方はコチラです。↓

レンジだけで作れる!豆乳のチーズフォンデュと〆のリゾットの作り方 - くまさんの健康ひとりご飯

 

はじめにこっちを読んで貰えると話が伝わりやすくなると思います。↓

自己紹介 - くまさんの健康ひとりご飯

インスリノーマで闘病中のフェレくんにご飯をあげるために毎朝5時30分に起きているんですが、昨日の朝はほんっとーーーに起きにくかったです。しかも、なんかやる気が起きなくて、1日中ベットの上でゴロゴロしていたい気分でした。

だから、もうゴロゴロしまくりました。とはいえ、たまっていた洗濯とか、簡単な掃除とか、ご飯とか、フェレくんのお世話とか、自分が笑顔で生活する為に必要なことはしたけれど、それ以外はずーっとゴロゴロしまくりました。

たぶん梅雨のせいだと思います。動物病院の待合室で一緒だった人も言っていたけれど、梅雨は人間も動物も体調崩しがちになりますね。

前職をしていた頃や去年は、ストレスがすごくて本気で心身共に体調悪い日が多かったんですが、去年まで感じていたそういう「もうダメだ・・」的な感じじゃなくて、健康な人でも感じる事がある「もうダメだ」みたいな感じです。大丈夫じゃないけれど、大丈夫、みたいなやつです。

前職をしていた頃の私は、辛い時に辛いと言えなくて辛さをずーっと抱えて抱え続けて、自分の中に取り込むことしかできませんでした。そして、取り込み切れなくなった辛さが心ごとバチン!って弾けてしまいました。最後の方は、寝る、仕事する、人と話す、食事をする、などの日常生活もまともに送れなくなっていました。

去年の今頃の私は、まだ辛い時に自分の辛さをうまく処理できなくて、辛い事を誰にも言えずに内心では一人でもがいていました。けれど、辛さを改善しようと思える余裕が出てきました。耐えきれない程のストレスを排除した後だったので、心身に不調はあるけれど日常生活は送れていたし、「ブログを始めたい」と思って始める元気も戻ってきていて、はたから見れば普通に生活している人くらいに見えたと思います。

今年の私は、本当に辛くなる前に辛いと感じている自分を認めて、ゴロゴロしたり大好きなものを作って食べたりして、自分の機嫌をとれるようになりました。

自炊をしたり、疲れを感じた時は寝るなどして、長い月日をかけて体と心に必要な栄養を補い続けてきました。そのおかげで体調が良くなりました。体が元気になってから、少し遅れて心が元気になっていきました。そうしたら、自然と自分に優しい考え方が出来るようになったり、行動がとれるようになりました。

なんとなくいつも体調が悪い、なんとなく落ち込む、などの症状を改善していった過程や(結果的にそうなってた💦)、自己肯定感を高める為にこんな風に考えたら良くなったよ!という事などをブログに書いています。

私には、食事改善をしたり、ストレスフルだったそれまでの生活を変えたりする環境改善などは効果がありましたが、人それぞれ、体質も、性格も、求めているものも、抱えているストレスの内容も違うと思うので、これが絶対に効くよ!とは言えませんが、辛いおもいをしなくていい人が辛いおもいをしたり、病気になったりする人を1人でも減らせたらいいなと思っています。

まとめというか一言

美味しいもの食べていっぱいゴロゴロして充電できました。