くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

【夏野菜レシピ】冬瓜と豚ひき肉のあんかけの作り方。

【旬の食べ物を食べる】冬瓜と豚ひき肉のあんかけを作りました。

冬瓜の旬は7~10月で夏野菜なんですが、冬まで貯蔵できることから「冬瓜」という名がついたそうです。

旬の食べ物は、そうでない食べ物に比べて栄養価が高くて味も濃くて美味しい物が多いです。効率よく栄養摂取できるので、できるだけ旬のものを食べるようにしています。

冬瓜の90%以上が水分ですが、カリウムとビタミンCも豊富に含まれています。なので、むくみ改善効果も期待できます。

冬瓜と豚ひき肉のあんかけの作り方。

祖母が作ってくれた少し甘めの味付けの冬瓜とひき肉のあんかけが、子供の頃から大好きでした(*´ω`*)季節にもよりますが、密封容器に入れて冷蔵庫で3~4日は保存できると思います。

材料 小鉢3食分くらい

  • 冬瓜 1/4個
  • 豚ひき肉 小パック1つ
  • 水 400ml
  • 粉末だし 5g
  • 醤油 大匙2
  • 本みりん 大匙1
  • きび糖 小匙1こんもり(普通の砂糖でも大丈夫です)
  • 水溶き片栗粉 適量

作り方

冬瓜の種をスプーンでくり抜きます。

f:id:bonyarikumasan:20200708191339j:plain

食べやすい大きさに切ります。

f:id:bonyarikumasan:20200708191348j:plain

緑の部分が残らないように、厚目に皮をむきます。

f:id:bonyarikumasan:20200708191355j:plain

全部むいた写真。↓

f:id:bonyarikumasan:20200708191410j:plain

鍋に、水、冬瓜、粉末だし、を入れて中火にかけます。沸騰したら弱中火にしてコトコト煮ます。15~20分くらいです。

f:id:bonyarikumasan:20200708191420j:plain

コトコト煮た後の写真。↓

f:id:bonyarikumasan:20200708191443j:plain

冬瓜が少し透明になったら、ひき肉を加えます。ひき肉がダマにならないように出汁の中でほぐします。ひき肉がほぐれてから、醤油、本みりん、きび糖、を加えて冬瓜が半透明になってトロトロに柔らかくなるまで弱火で煮ます。20分くらいです。

f:id:bonyarikumasan:20200708191504j:plain

トロトロに柔らかくなるまで煮た後の写真。↓

f:id:bonyarikumasan:20200708191528j:plain

水溶き片栗粉で好みのかたさになるまでトロミをつけたら完成です。

f:id:bonyarikumasan:20200708191537j:plain 

冬瓜がトロトロです。味がしみ込んでいてとっても美味しいです(*´ω`*)

f:id:bonyarikumasan:20200708191548j:plain

まとめというか一言

少し甘めの味付けで美味しいです(*´ω`*)