くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

【まごわやさしい】鯖の味噌煮定食の作り方。

【栄養満点】【まごわやさしい】サバの味噌煮定食を作りました。

親知らずを抜いた痛みと腫れがおさまってきたので、今日は普通の食事を作りました。

作ったものはコチラです。↓

f:id:bonyarikumasan:20200805184748j:plain

  • 納豆ご飯
  • ネギと舞茸のお吸い物
  • 鯖の味噌煮
  • ヒジキとほうれん草とコーンの煮物
  • 温野菜
  • ぬか漬け

柔らかいものばかり食べていたので、普通の食事が嬉しいです。あまり噛まなくてもいい柔らかい食事を食べた後と、歯ごたえのある食事を食べた後とでは満足感が違う気がします。なんか、歯ごたえのある食事を食べた後の方が食後の幸福度が高い気がする。でも、やっぱり片側だけで食べるから顎が疲れる。歯は大切だなぁと思いました(; ・`д・´)

【作り置きレシピ】鯖の味噌煮の作り方。

f:id:bonyarikumasan:20200805184956j:plain

材料

  • 鯖の半身 2切れ
  • 生姜 25g
  • 下茹で用のお湯 鯖がかぶるくらいの量
  • 合わせ味噌 大匙3
  • きび糖 (普通の砂糖でも大丈夫です)
  • 料理酒 130ml
  • 本みりん 20ml
  • 水 200ml

作り方

生姜は、皮をむき薄切りにします。

f:id:bonyarikumasan:20200805184835j:plain

鯖の半身は、半分に切って×に切り込みを入れます。

f:id:bonyarikumasan:20200805184843j:plain

鍋や深めのフライパンにお湯を沸かして、そっと鯖を入れます。50秒くらいしたら引き揚げます。

f:id:bonyarikumasan:20200805184851j:plain

ザルに入れて水で表面を優しく洗います。

f:id:bonyarikumasan:20200805184903j:plain

鍋や深めのフライパンに、鯖(皮側が上になるように入れてください)、水、料理酒、本みりん、味噌、を入れて味噌を溶かします。

f:id:bonyarikumasan:20200805184916j:plain

味噌が溶けたら、生姜を加えて、落し蓋やアルミホイルをして中火にかけます。

f:id:bonyarikumasan:20200805184924j:plain

沸騰したら弱中火にします。そのまま汁気がなくなるまで煮ます。

汁気がなくなったら火を止めて、鯖をひっくり返して落し蓋やアルミホイルをかぶせて、そのまま置いて冷ましておきます。冷める時に味がしみ込みます。これで完成です。

f:id:bonyarikumasan:20200805184933j:plain

f:id:bonyarikumasan:20200805184956j:plain

味が染みていて美味しかったです。季節にもよりますが、残りは密封容器に入れて冷蔵庫で保存し、2~3日は美味しく食べられると思います。

【作り置きレシピ】ヒジキとほうれん草とコーンの煮物の作り方。

f:id:bonyarikumasan:20200805202202j:plain

お砂糖を入れなくてもコーンの甘味だけで美味しい煮物になります。

材料

  • 乾燥ひじき 大匙3
  • 冷凍ほうれん草 50g
  • コーン缶(コーンのみ) 140g
  • 粉末だし 5g
  • 醤油 大匙1
  • 料理酒 大匙1
  • 本みりん 大匙1

作り方

ひじきを水につけて戻します。

f:id:bonyarikumasan:20200805185005j:plain

戻ったら、ザルにあけて水でよく洗って水気を切っておきます。

f:id:bonyarikumasan:20200805185445j:plain

フライパンか鍋に、ひじき、冷凍ほうれん草、汁を捨てたコーン、水、粉末だし、醤油、料理酒、本みりん、を入れて中火にかけます。

f:id:bonyarikumasan:20200805202437j:plain

汁気がなくなるまで煮たら完成です。

f:id:bonyarikumasan:20200805202445j:plain

f:id:bonyarikumasan:20200805202202j:plain

コーンがほんのり甘くて美味しいです。季節にもよりますが、密封容器に入れて冷蔵庫で保存し、3~4日は美味しく食べられると思います。

ネギと舞茸のお吸い物の作り方。

f:id:bonyarikumasan:20200805202711j:plain

作り方 2~3食分

  • 長ネギ 7cm
  • 舞茸 15g
  • 粉末だし 5g
  • 醤油 大匙1
  • 水 500ml
  • ごま油 大匙1
  • 白ゴマ 適量

作り方

長ネギは、斜めの薄切りにします。

f:id:bonyarikumasan:20200805202719j:plain

鍋に、長ネギ、食べやすい大きさに割いた舞茸、水、粉末だし、醤油、を入れて中火にかけます。

f:id:bonyarikumasan:20200805202803j:plain

ネギと舞茸に火が通ったら火を止めて、ごま油と白ゴマを加えたら完成です。

f:id:bonyarikumasan:20200805202812j:plain

f:id:bonyarikumasan:20200805202711j:plain

あっさりしていて美味しいです。

 

f:id:bonyarikumasan:20200805202920j:plain
温野菜は、食べやすい大きさに切ったカボチャと冷凍枝豆と冷凍ブロッコリーをレンジにかけて柔らかくして作りました。オリーブオイルと塩をかけて食べようかと思いましたが、そのままでも美味しいのでそのまま食べました。

 

f:id:bonyarikumasan:20200805202945j:plain

ぬか漬けの作り方は、コチラに書いています。↓

【腸活】初心者でも簡単。面倒なことはなし。袋で作るぬか漬けはじめました。 - くまさんの健康ひとりご飯

  • →納豆、枝豆
  • →白ゴマ、ごま油
  • →ひじき
  • →ブロッコリー、ミニトマト、キュウリ、長ネギ、ほうれん草、コーン
  • →サバ
  • →舞茸
  • →カボチャ
まとめというか一言

美味しかった(*´ω`*)