くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

【腸活】【作り置き】【レンジで簡単レシピ】ひじきと枝豆のわさび煮の作り方。

腸内環境を整える、ひじきと枝豆のわさび煮を作りました。

腸内環境を整えるのに必要な栄養素は、食物繊維や発酵食品、善玉菌のエサとなるオリゴ糖などがあります。

ひじきや枝豆や蒟蒻には食物繊維が含まれています。また、枝豆には大豆オリゴ糖が含まれています。今日はそれらを使ってレンジで簡単に「ひじきと枝豆のわさび煮」を作りました(*´ω`*)

ひじきと枝豆のわさび煮の作り方。

f:id:bonyarikumasan:20201112201933j:plain

タッパーなどに入れて冷蔵庫で保存します。季節にもよりますが3~4日は美味しく食べられると思います。

材料

  • 乾燥ひじき 大匙1
  • サヤ付き冷凍枝豆 100g
  • 人参 1/3本
  • 灰汁抜き不要の板こんにゃく 1/4枚
  • 本みりん 大匙1
  • 料理酒 大匙1
  • 醤油 大匙1
  • きび糖 小匙1
  • チューブわさび 1cmくらい

作り方

乾燥ひじきは、水につけて戻します。戻ったらザルにあけて水で洗って水気を切っておきます。

冷凍枝豆は、解凍してサヤから豆を外しておきます。

人参は、皮をむいて3mm幅の細切りにします。

f:id:bonyarikumasan:20201112201846j:plain

蒟蒻は、3mm幅の細切りにします。

f:id:bonyarikumasan:20201112201855j:plain

耐熱タッパーに、ひじき、枝豆、人参、蒟蒻、本みりん、料理酒、醤油、きび糖、を入れて蓋をして500wのレンジで3分加熱します。

f:id:bonyarikumasan:20201112201905j:plain

レンジから取り出して蓋をしたまま振って全体を混ぜたら、そのまま置いて冷ましておきます。冷めたら、わさびを加えてよく混ぜ合わせます。

f:id:bonyarikumasan:20201112201920j:plain
これで完成です。

f:id:bonyarikumasan:20201112201933j:plain

わさびの風味が良いです。とても美味しかったです(*´ω`*)

f:id:bonyarikumasan:20201112202000j:plain

発酵食品+発酵食品の納豆キムチ、発酵食品の塩麴鮭、発酵食品のぬか漬け、食物繊維とオリゴ糖が摂れるきんぴらごぼう、食物繊維たっぷりの野菜とキノコの味噌汁、食物繊維たっぷりもち麦米と一緒に食べました。名付けてうんちモリモリ定食です( ´∀`)bグッ!

私が今までに作った腸内環境を整えるご飯の作り方は、コチラから見れます。↓

腸内環境を整えるご飯 カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

作り置きおかずの作り方は、コチラです。↓

作り置き カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

まとめというか一言

簡単に出来て美味しいのでおススメです(*´ω`*)