くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

【腸活】【作り置き】具沢山麹納豆の作り方。

腸内環境を整えるサポートをしてくれる食材を使って麹納豆。

腸内環境を整えるサポートをしてくれる栄養素は、食物繊維(水溶性、不溶性)や発酵食品、それから善玉菌のエサとなるオリゴ糖などです。

納豆は、大豆製品なので大豆オリゴ糖が含まれていると思われがちですが、発酵の段階でオリゴ糖はほとんどなくなってしまうそうです。オリゴ糖はほとんど含まれていませんが、納豆には、食物繊維が含まれています。ほかにも納豆菌が乳酸菌のエサとなったり、腸内細菌の活動をサポートしてくれる働きがあるそうです。

今日は、納豆の他にも食物繊維を豊富に含んだヒジキやキノコや蒟蒻。それから発酵食品である醬油昆布麴を使って食べ応えのある具沢山麹納豆を作りました。

 

醬油昆布麴の作り方は、コチラに書いています。↓

【腸活】醤油昆布麹の作り方。 - くまさんの健康ひとりご飯

【腸活】【美腸】具沢山麹納豆の作り方。

タッパーに入れ蓋をして冷蔵庫の中で保存します。

材料

  • 納豆 3パック
  • 乾燥ひじき 大匙1
  • あく抜き不要板こんにゃく 1/4枚
  • しめじ 1/4パック
  • 人参 1/4本
  • 醬油昆布麴 大匙2
  • 粉末だし 5g
  • 料理酒 大匙2
  • 本みりん 大匙2
  • 水 200ml

作り方

乾燥ひじきは、水につけて戻します。戻ったらザルにあけて水で洗います。水気を切っておきます。

f:id:bonyarikumasan:20210129224145j:plain

板こんにゃくは、混ざりやすいように小さく切ります。

f:id:bonyarikumasan:20210129224154j:plain

しめじは、石づきをとって適当に小さく切ります。

f:id:bonyarikumasan:20210129224203j:plain

人参は、皮をむいて混ざりやすいように小さく切ります。

f:id:bonyarikumasan:20210129224210j:plain

鍋かフライパンに、ひじき、こんにゃく、しめじ、人参、醬油昆布麴、粉末だし、料理酒、本みりん、水、を入れて混ぜて中火にかけます。

f:id:bonyarikumasan:20210129224222j:plain

沸騰したら弱中火にして煮汁がなくなるまで煮ます。このまま冷ましておきます。

f:id:bonyarikumasan:20210129224444j:plain

生きた納豆菌を摂取するために冷ましてから納豆を加えてよく混ぜ合わせます。これで完成です。

f:id:bonyarikumasan:20210129224453j:plain

f:id:bonyarikumasan:20210129224939j:plain

とっても美味しくって栄養満点です(*´ω`*)

 

粉末だしは、化学調味料、食塩無添加のコレを使っています。もうずっとリピートしています。↓

リケン 素材力だし 本かつおだしお徳用 5g 28本←クリックするとAmazon商品紹介ページに飛びます。

 

料理酒は、食塩が含まれていないコレを使っています。これも気に入り過ぎて何度もリピートしてる。↓ちなみに本みりんもタカラのものを使っています。余計なものが入ってないので安心だし、何より美味しいです。

タカラ「料理のための清酒」900ml紙パック←クリックするとAmazon商品紹介ページに飛びます。

 

f:id:bonyarikumasan:20210129224554j:plain

きんぴらごぼう、厚焼き玉子、なめこと豆腐の味噌汁、ごはんも一緒に食べました。

 

f:id:bonyarikumasan:20210129224634j:plain

きんぴらごぼうの作り方は、コチラに書いています。↓

https://www.bonyarikuma.work/entry/2020/04/16/205345

 

私が腸内環境が気になる時に食べている食事の作り方は、コチラから見れます。↓

腸内環境が気になる方へ カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

まとめというか一言

ウンチがモリモリ出ますように(`・ω・´)