くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

【温活】生姜とにんにくたっぷり厚揚げと鶏ひき肉のカレー炒めの作り方。

体が温まる厚揚げと鶏ひき肉のカレー炒めを作って食べました。

S&Bの赤缶のカレー粉は沢山のスパイスが入っているので、ちょっと塩味を足すだけで簡単に味が整います。カレー粉自体が無塩なので塩分コントロールしやすいのも嬉しいです(*´ω`*)

【温活レシピ】厚揚げと鶏ひき肉のカレー炒めの作り方。

材料

  • 厚揚げ ちいさいの1枚
  • 鶏むねひき肉 150gくらい
  • ししとう 5本
  • にんにく 1かけ
  • 生姜 15g(皮をむいたら10~12gくらい)
  • S&Bカレー粉 小匙3
  • ブラックペッパー 少々
  • 粗塩 ふたつまみ
  • 醤油 小匙1
  • 水 150ml
  • 水溶き片栗粉 適量
  • オリーブオイル 大匙1

作り方

厚揚げは、食べやすい大きさに切ります。

f:id:bonyarikumasan:20210303200315j:plain

ししとうは、水で洗ってヘタをとります。

f:id:bonyarikumasan:20210303200323j:plain

にんにくは、皮をむいて包丁の刃らで潰して粗みじん切りにします。

f:id:bonyarikumasan:20210303200330j:plain

生姜は、皮をむいて粗みじん切りにします。

f:id:bonyarikumasan:20210303200337j:plain

フライパンに、オリーブオイル、にんにく、生姜、を入れて中火で炒めます。

f:id:bonyarikumasan:20210303200350j:plain

香りが立ってきたら、ひき肉を加えてボロボロして色が変わるまで炒めます。そこに、厚揚げ、ししとう、を加えて全体が混ざるまで炒めます。

f:id:bonyarikumasan:20210303200359j:plain

カレー粉、粗塩、ブラックペッパー、を加えて全体に調味料が行き渡るように炒めます。そこに水を加えて混ぜて水分が半分になるまで煮ます。

f:id:bonyarikumasan:20210303200407j:plain

水分が半分になったら、水溶き片栗粉を加えて素早く炒めます。

f:id:bonyarikumasan:20210303200420j:plain
これで完成です。

f:id:bonyarikumasan:20210303200430j:plain

スパイシーで美味しかったです(*´ω`*)

f:id:bonyarikumasan:20210303200442j:plain

セロリとトマトの具沢山味噌汁、雑穀ごはん、と一緒に食べました。この日は6:4を無視しました💦個人的には、体が求めていて体に負担のかからない範囲なら食べたいと思ったら食べるのがいいと思っています。その方が自然だし健康的だと思っています。

セロリとトマトの具沢山味噌汁の作り方は、コチラに書いています。↓

【ストレス対策レシピ】セロリとトマトの具沢山味噌汁の作り方。ご挨拶に行ってきました。 - くまさんの健康ひとりご飯

今までに私が作った「おうちごはん」の作り方は、コチラに書いています。↓

おうちごはん カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

まとめというか一言

今日はフェレ君の二七日です。空の上でしょごうおう様とお話しているのかな。笑顔でいる事と忘れないでいる事が一番の供養なのかなって思うようになりました。私だったらそうしていて貰えるのが一番嬉しいし安心できる気がしました。