くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

【旬の食材レシピ】つる菜のゴマ和えの作り方。

【作り置き】今が旬のつる菜を使ってゴマ和えを作りました。

つる菜は、5月頃~10月頃までに収穫されるハマミズナカナ科の多年草で、海岸の砂地に生えることから「海岸に生えるほうれん草」とも呼ばれているそうです。

つる菜には、カロテンやビタミンK、それから鉄分などのミネラルも豊富に含まれています。

今日は、つる菜を使ってゴマ和えを作りました。作り置きしておくと便利な一品です(*´ω`*)

つる菜のゴマ和えの作り方。

材料

  • つる菜 120gくらい
  • 醤油 大匙1と半分
  • きび糖 大匙1/2
  • すり白ゴマ 大匙1

作り方

鍋にたっぷりのお湯を沸かして、つる菜を入れて3分間茹でます。

f:id:bonyarikumasan:20210630234349j:plain

ザルにあけて水につけて冷やします。

f:id:bonyarikumasan:20210630234401j:plain

水気を絞って、食べやすい大きさに切ります。

f:id:bonyarikumasan:20210630234411j:plain

タッパーなどに、醤油、きび糖、すり白ゴマ、を入れて混ぜ合わせてから、つる菜を加えて混ぜます。

f:id:bonyarikumasan:20210630234420j:plain
これで完成です。

f:id:bonyarikumasan:20210630234616j:plain 

つる菜は、癖が少なくて食べやすいです。ゴマの香りがよく合います(*´ω`*)

f:id:bonyarikumasan:20210630234626j:plain

鮭の塩麴焼き、キムチ、三つ葉とワカメと玉子の味噌汁、雑穀ごはん、プラム、小豆茶と一緒に食べました。左側に写っているモフモフは、ののかの尻尾です。

 

今までに私が作った「作り置き」の作り方は、コチラから見れます。↓

作り置き カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

まとめというか一言

あと1品欲しいなっていう時に便利です(*´ω`*)