くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

【手捏ね】【リラックスしたい時】薄力粉でバジル入りパンの作り方。

薄力粉だけでパンを作りました。

夜中に急にパンとか焼き菓子を焼きたくなる時があります。ハーブがたくさん入った香りのいいパンが食べたい!と思ったので作りました。

急に作り始めたので、家に強力粉がなくて薄力粉100%で作りました。オーブンを開けると、焼き立てのパンのこうばしい香りとバジルのいい匂いに部屋が包まれました。もうこの時点で既に幸せなんですが、一口食べれば、鼻から抜けるバジルの香りに更に癒されます。

とっても美味しいバジル入りパンが焼けたので、作り方を書いておこうと思います。

薄力粉100%のバジルの入ったパンの作り方。

冷めたら乾燥しないように袋に入れて保存します。冷凍保存も可能です。

材料

  • 薄力粉 300g
  • ドライイースト 6g
  • きび糖 30g
  • 粗塩 5g
  • オリーブオイル 30g
  • 水 160ml
  • 乾燥バジル 小匙1くらい

作り方

ボウルに、薄力粉を入れて、片側に粗塩とオリーブオイルを入れて、反対側にドライイーストときび糖を入れます。ドライイーストときび糖にめがけて水を加えます。

f:id:bonyarikumasan:20210812195504j:plain

手で捏ねてひとまとめにします。

f:id:bonyarikumasan:20210812195524j:plain

30分くらい体重をかけて捏ねると表面がツヤツヤしてきます。

f:id:bonyarikumasan:20210812195802j:plain

乾燥バジルを加えて練り込みます。

f:id:bonyarikumasan:20210812195837j:plain

乾燥バジルが混ざったら、ひとまとめにしてボウルに入れてラップをします。そのまま2倍の大きさになるまで置いておきます。一次発酵です。夏は暑いので発酵しやすいですが、冬は気温が低いので発酵に時間がかかります。その場合は、生地にお湯が入らないように気をつけながらボウルごとぬるま湯で温めるなどしてください。

f:id:bonyarikumasan:20210812195928j:plain

2倍の大きさになりました。↓

f:id:bonyarikumasan:20210812195947j:plain

手で押してガスを抜きます。

f:id:bonyarikumasan:20210812200311j:plain

50gずつわけて丸くまるめます。

f:id:bonyarikumasan:20210812200350j:plain

ラップをかけて2倍の大きさになるまで置いておきます。二次発酵です。

写真は二次発酵して大きくなったものです。↓

f:id:bonyarikumasan:20210812200531j:plain

包丁を使って切り込みを入れます。包丁を引くようにして切ると綺麗に切れます。

f:id:bonyarikumasan:20210812200633j:plain

200度に予熱したオーブンに入れて50分間焼きます。

f:id:bonyarikumasan:20210812200713j:plain

これで完成です。

f:id:bonyarikumasan:20210812200759j:plain

焼きあがったのは夜12時過ぎでしたが、焼き立てのうちに食べたくて。1つにするはずが、調子にのって2つも食べちゃいました。ふわふわしていて美味しかったです(✽ ゚д゚ ✽)

f:id:bonyarikumasan:20210812201059j:plain

今朝はご飯を食べるつもりで事前に豚汁などを仕込んでいたので、こんな組み合わせになりました。組み合わせはアレですが、美味しかったです。

 

今までに私が作った「作り置き」の作り方は、コチラから見れます。↓

作り置き カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

まとめというか一言

美味しかったです(*´ω`*)