くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

ごぼうの親子うどんの作り方。

ごぼうの親子うどんを作りました。

肌寒いですね。温かいうどんが食べたくなったので、家にあるものでうどんを作りました。

こんなのが出来ました。↓

f:id:bonyarikumasan:20211103082956j:plain

ごぼうと鶏肉と玉子で作ったうどんなので、名付けて「ごぼうの親子うどん」です。そのままです。

美味しく出来たので、さっそく作り方を書いていこうと思います。

ごぼうの親子うどんの作り方。

材料 一人分

具材

  • ごぼう 1/2本
  • 鶏もも肉 1/2枚
  • 玉子 1個
  • 粉末だし 5g
  • 醤油 大匙3
  • 本みりん 大匙1
  • 料理酒 大匙1
  • きび糖 大匙2
  • 水 200ml

うどんとうどんの汁

  • 茹でうどん 1玉
  • 水 400ml
  • 白だし 大匙3
  • お好みで七味唐辛子 適量

作り方

ゴボウは、ササガキゴボウにします。

f:id:bonyarikumasan:20211103083125j:plain

水で洗って水気を切ります。灰汁が気になる人は、灰汁抜きしてください。

鶏もも肉は、食べやすい大きさに切ります。すでに切れているものを買ってきました。

フライパンに、ごぼう、鶏もも肉、粉末だし、水200ml、粉末だし、醤油、本みりん、料理酒、きび糖、を入れて中火にかけて煮汁が少なくなるまで煮ます。

f:id:bonyarikumasan:20211103083156j:plain

このくらい煮汁が少なくなるまで煮ます。↓

f:id:bonyarikumasan:20211103083324j:plain

煮汁が少なくなったら、溶き玉子をまわし入れて半熟になったら火を止めます。

f:id:bonyarikumasan:20211103083259j:plain

鍋に、水、白だし、茹でうどん、を入れて中火にかけます。

f:id:bonyarikumasan:20211103083355j:plain

うどんが温まったら、どんぶりに移して、作っておいた具材をのせます。フライパンを斜めにして滑らせるようにしてのせると楽です。これで完成です。

f:id:bonyarikumasan:20211103082956j:plain

七味唐辛子をかけて食べました。とっても美味しかったです(*´ω`*)

 

今までに私が作った「おうちごはん」の作り方は、コチラから見れます。↓

おうちごはん カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

まとめというか一言

体が温まります(*´ω`*)