くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

【春ごはん】春野菜の薬膳鍋の作り方。

春野菜を使って鍋を作りました。

日中は暖かいけれど朝晩はまだ少し冷えますね。寒暖差にやられないように温かい鍋を作って食べました。

旬な食材は旬じゃない食材に比べて美味しくて栄養価が高い場合が多いです。今が旬のキャベツ、ニラ、あさり、を使って鍋を作りました。

  • キャベツ→胃腸の働きを促進、食欲増進、胃もたれなどにもいいので虚弱体質の方や疲れやすい方におすすめ。
  • にら→足腰の冷えや疲労回復に
  • 豚肉→滋養強壮、虚弱体質、美肌づくり、便秘解消
  • あさり→熱をさげて痰濁をとりさる、利水、活血

春野菜のおいしい薬膳鍋の作り方。

材料 1人分

  • キャベツ 1枚
  • にら 1/4束
  • しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉 100g
  • 砂抜きしたあさり 100g
  • 木綿豆腐 150g
  • 舞茸 1/4パック
  • ショウガ 15g
  • にんにく 1かけ
  • クコの実 小匙1
  • 乾燥海老 大匙1
  • 八角 1個
  • 粗塩 小匙1
  • 水 300ml

作り方

キャベツは、水で洗って食べやすい大きさに切ります。

f:id:bonyarikumasan:20220321141050j:plain

ニラは、水で洗って根元を切り落とします。3cmの長さに切ります。

f:id:bonyarikumasan:20220321141159j:plain

舞茸は、食べやすい大きさにほぐします。

f:id:bonyarikumasan:20220321141225j:plain

木綿豆腐は、半分に切ります。

f:id:bonyarikumasan:20220321141311j:plain

にんにくは、皮をむいて半分に切って芽をとります。

f:id:bonyarikumasan:20220321141253j:plain

薄切りにします。

f:id:bonyarikumasan:20220321141326j:plain

ショウガは、皮をむいて薄切りにします。

f:id:bonyarikumasan:20220321141341j:plain

あさりは、水を流しながらアサリ同士をこすり合わせて綺麗に洗います。

f:id:bonyarikumasan:20220321141426j:plain

土鍋に、ショウガ、にんにく、クコの実、乾燥海老、八角、粗塩、水、を入れます。

f:id:bonyarikumasan:20220321141546j:plain

キャベツ、ニラ、舞茸、木綿豆腐、アサリ、豚肉、を入れて蓋をして火にかけます。全体に火が通ったら完成です。

f:id:bonyarikumasan:20220321141701j:plain

美味しかったです(*´ω`*)

 

今までに私が作った「薬膳」の作り方は、コチラから見れます。↓

薬膳 カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

 

YouTubeで一目ぼれした帽子を編み方をみながら編んでみました。↓

f:id:bonyarikumasan:20220321142441j:plain

デザインはシンプルで気に入っているんだけれど、色選びを間違えました。この色は、ちょっと私には可愛すぎるかもしれません。せっかく編んだので今年の夏はかぶって、来年はほどいてポーチか小さめのカバンにしようと思います。

まとめというか一言

乾燥海老は、大きい乾燥海老を使ってください。アサリと海老の出汁がきいて美味しくなります。