くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

鮭のカレー麹焼きの作り方。チョコレート嚢胞がわからないくらいになりました。

まごわやさしいで鮭のカレー麹焼き定食を作りました。

数日間更新していませんでした。インターネットに繋がらなくなってしまって、少しの間インターネットから離れた生活をしていました。ネットを控えてみて思ったんですが、知らず知らずのうちにネットに依存していたんだなぁって・・。でも、不便だなと思う反面、ネットのない生活ってすごく気楽だなぁとも思いました。ネットには情報が溢れていて、どんな情報もその一つ一つが心を「刺激」するものになっていたんだなぁと感じました。これからは、たまにネット断ちしてみようかなって思いました(*‘ω‘ *)

 

知ってる人も多いと思うけれど【まごわやさしい】は、下の7品目をバランスよく食卓に摂り入れるための合言葉をいいます。

  • →豆、味噌、豆腐
  • →ごま、ナッツ類
  • →わかめなどの海藻類
  • →野菜
  • →魚
  • →シイタケなどのキノコ類
  • →芋

今日は、7品目が全て摂れる【鮭のカレー麴焼き定食】を作って食べました。

こんなの出来ました。↓

鮭のカレー麹焼き、大根おろし、具沢山麹納豆、とろろ、サラダ、もち麦と蕎麦の実入りご飯、リンゴ酢ドリンクです。

具沢山麴納豆の作り方は、コチラに書いています。↓

【腸活】【作り置き】具沢山麹納豆の作り方。 - くまさんの健康ひとりご飯

今日は、蒟蒻なし&醤油麹を塩麴と味噌の半々に変えて作りました。

とろろの作り方は、こっちです。↓

【まごわやさしい】鯖の醤油昆布麹漬け定食の作り方。 - くまさんの健康ひとりご飯

 

美味しく出来たので、鮭のカレー麴焼きの作り方を書いておこうと思います。

【簡単レシピ】鮭のカレー麴焼きの作り方。

材料 2食分

  • 鮭の切り身 2切れ
  • 塩麴 大匙1~2
  • S&Bのカレー粉 小匙1

作り方

鮭の切り身に塩麴とカレー粉をかけて全体に塗ります。ラップをして冷蔵庫の中に1時間くらい入れておきます。

魚焼きグリルに入れて焼きます。焼きあがったら白ゴマをかけます。これで完成です。

塩麴効果で旨味がアップされた鮭にスパイシーなカレー粉がよく合います。とっても美味しかったです(*´ω`*)

 

【まごわやさしい】の内訳はこんな感じでした。↓

  • →納豆(具沢山麹納豆)
  • →白ゴマ(鮭のカレー麴焼き)
  • →乾燥ひじき(具沢山麴納豆)
  • →大根(大根おろし)、人参(具沢山麴納豆)、水菜、ブロッコリー、トマト(サラダ
  • →鮭(鮭のカレー麴焼き)
  • →しめじ(具沢山麴納豆)
  • →長芋(とろろ)

今までに私が作った【まごわやさしい】の食事の作り方は、コチラに書いています。↓

まごわやさしい レシピ カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

 

今までに私が作った「おうちごはん」の作り方は、コチラです。↓

おうちごはん カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

チョコレート嚢胞がわからないくらいになりました。

ネットに繋がらなくてブログを更新していない間に婦人科の通院に行ってきました。病院には3ヶ月に1回薬を貰うために通院しています。それから、半年に一度検査をしましょう、といわれてそうしています。実際は、私の都合で何度も予約日がかなり早くなったりしてキッチリ3ヶ月とか半年じゃないけれど。

2020年2月に検査をして貰った時に、チョコレート嚢胞が小さくなっていると言って貰えました。すごく嬉しくて、その時のことは興奮気味にブログに書いています(*´ω`*)

そして、先日、病院に行ってきました。検査をして貰った結果、チョコレート嚢胞がわからないくらいになっていると言われました。チョコレート嚢胞があった痕はあるけれど正常な卵巣と同じくらいの見た目になっている、と言われました。

画像を見ながら説明していただいたんですが、素人目で見てもわかるくらい綺麗になっていました。「薬が効いたんだね~。すごいね~、薬が効くとこんなに綺麗になるんだよね、感心しちゃった」って先生は言っていました。

「前に先生が言ってくれたように夜は11時までに寝るようにしているからかもしれません。先生のおかげです」と言うと「私は何もしていないよ。くまさんが頑張ったからだよ。真面目にやってくれていたんだね、やっぱり体は健康になろうとすると応えてくれるんだね」と言ってくれてすごく嬉しかったです。

体を診て薬を出してくれるお医者さんはたくさんいるけれど、先生のようにそれ以外の事を話してくださるお医者さんはあまりいなかったな、と思います。病院に行って薬だけ飲んで治った時もあったけれど、それだけじゃ治らない時もあったなぁと経験で感じています。そういう耳が痛い事も指導してくださる先生に出会えたことで良くなれたので、そういう先生に出会えたことを有難くて幸せなことだなと思いました。

11時までに寝る以外にも自主的に体の為にしていることはまだ沢山あるけれど、なんだか「やってますアピールしている人」みたいになったらウザイと思われるかな・・って思いつつも感謝の気持ちは伝えたいと思って言った言葉だったけれど、逆に励まされてしまいました。これからも体と心の健康の為に今していることを続けていこうと改めて強く思えました。

私の場合は、はじめから薬がちゃんと効く体ではありませんでした。通院して薬を飲みながら、体のケア(できるだけ決まった時間に寝て起きる、疲れていたら休むなど)、食事(必要な栄養を摂ることなど)、運動(ストレッチや朝散歩など血の巡りをよくすること)、心(リフレッシュすること、整理して考える事など)を意識して続けてきました。それから続けるにあたって「無理をしてまで続けようとしない」ことを一番大切にしていました。体のケア、食事、運動、心のケアをする目的は体と心が楽になる為だし、私の性格的に決めたらやりすぎてしまうところがあるので、私には無理をしないと決めることは大事な事でした。

まとめというか一言

美味しかったです(*´ω`*)♪