くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

キムチレタスチャーハンの作り方。

大盛キムチレタスチャーハンを作りました。

疲れているから楽をしたくて作り置き用に沢山作りましたが、レタス入りのチャーハンは作り置きに不向きなことに作りながら気付きました。時間が経つとレタスがしなしなになってしまうので、出来立て熱々のうちに食べるのが一番いいと思います。

キムチレタスチャーハンの作り方。

もち麦入りごはんじゃなくて白米でも美味しくできます。1食分を作る場合は、分量を1/3にして作ってください。

材料 3食分くらいできます。

  • 温かいもち麦入りごはん 600g
  • 玉子 3個
  • レタス 1/4玉
  • キムチ 100g
  • 米油 大匙1
  • 有精卵マヨネーズ 大匙3
  • 鶏ガラスープの素 小匙1
  • オイスターソース 小匙2

作り方

レタスは、水で洗って食べやすい大きさに手でちぎります。

玉子は、器に割り入れて溶きほぐします。フライパンに米油を入れて中火にかけます。米油を広げます。フライパンが温まったら、玉子を入れて大きな炒り玉子を作ります。

炒り玉子が半熟の状態になったら、フライパンの半分に寄せて空いたスペースにキムチを入れて炒めます。

ごはんを加えて炒め合わせます。

そこに、マヨネーズ、鶏ガラスープの素、オイスターソース、を入れて炒め合わせます。マヨネーズがしっかり溶けて米粒の一粒一粒がマヨネーズでコーティングされたら、レタスを加えて炒め合わせます。

これで完成です。

とっても美味しかったです(*´ω`*)

まだこんなに残っています。テーブルの上で寝ている野の花と一緒に写真を撮ろうと思ったら、ゴトン!って想像してたよりも3倍くらい大きな音がしちゃって起こしてしまいました。チャーハンに迷惑そうな視線を向けています。

冷凍保存したら更にレタスがしなしなになりそうなので、冷蔵保存することにしました。明日の朝ごはんは、キムチしなしなレタスチャーハンだぁ・・。

 

今までに私が作った「おうちごはん」の作り方は、コチラから見れます。↓

おうちごはん カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

まとめというか一言

レタス入りチャーハンを美味しく保存する方法があればいいのになぁ・。