くまさんの健康ひとりご飯

ある大きなストレスを受け続けたことで自律神経が乱れ、その流れで婦人疾患にかかりました。婦人科に通院しながらそれまでの環境を変えて、自炊を習慣にし、食や栄養素について独学しています。食を通して「栄養を摂る事」と「考え方」と「自分を大切にする事」の大切さを知りました。そうしたらストレスの後遺症となんとなく続いていた体調不良が治り、婦人疾患も良くなってきています。このブログは、そんな私の毎日の食事記録です。

【リフレッシュしたい時】パセリのミートボールの作り方。

【作り置き】パセリのミートボールを作りました。

香りの良いパセリなどの食材は気の巡りをサポートしてくれる働きがあります。香りの良いものを食べたり、匂いをかぐと、なんとなく気分がスッキリしますよね(*´ω`*)♪

香りの良いパセリをたっぷり使ってミートボールを作りました。冷蔵保存できるので、たくさん作って作り置きしておけます。美味しく出来たので、作り方を書いておきます。

パセリのミートボールの作り方。

材料

  • 合い挽き肉 250g
  • 玉ねぎ 1個
  • パセリ 1束
  • にんにく 3かけ
  • 天日海塩 小匙1
  • コーンスターチ 大匙3
  • 玉子 Mサイズ1個
  • ケチャップ 大匙4
  • 醤油 大匙2
  • きび糖 大匙4
  • 粉末コンソメ 4.5g
  • 水 100ml

作り方

玉ねぎは、皮をむいてみじん切りにします。

にんにくは、皮をむいてみじん切りにします。

フライパンに、玉ねぎ、にんにく、を入れて玉ねぎがしんなりして茶色くなるまで炒めます。少し焦がしてしまいました。冷ましておきます。

パセリは、茎と葉にわけます。葉を使います。葉は、みじん切りにします。

ボウルに、合い挽き肉、天日海塩、を入れて手で捏ねます。肉の脂身が手の温度で溶けて、肉が白っぽくなり粘り気が出るまで捏ねます。

そこに、パセリ、炒めた玉ねぎとにんにく、玉子、コーンスターチ、を加えて混ぜます。

洗って綺麗にしたフライパンに、ケチャップ、醤油、きび糖、粉末コンソメ、水、を入れて混ぜて弱中火にかけます。味見してみてちょっと甘いかな・・と思っても肉から塩味が出るので丁度良くなります。沸騰してきたら弱火にして、肉を小さく丸めて加えます。蓋をして火を通します。

肉にある程度火が通って、菜箸などで突っついても崩れなくなったら、肉を裏返してもう一度蓋をして完全に火を通します。

火が通ったら、蓋を外して煮詰めます。

これで完成です。

とっても美味しかったです(*´ω`*)♪

 

今までに私が作った「作り置き」の作り方は、コチラから見れます。↓

作り置き カテゴリーの記事一覧 - くまさんの健康ひとりご飯

まとめというか一言

時季にもよりますが、保存容器に入れて冷蔵庫の中で4~6日は美味しく食べられると思います。